7歳の長女と妊娠中の恋人・絵莉さんとの暮らしを綴ったブログが注目を集めている格闘家の才賀紀左衛門(33)。ところが、7月20日に前妻・あびる優(36)の告発が「文春オンライン」で公開され波紋を呼んでいる。

2人は’14年9月に結婚し、’15年に長女が誕生したものの’19年12月に離婚を発表。離婚当時、才賀は「僕、才賀紀左衛門が親権並びに監護権(育児権)を持ち責任を持って育てていく事を表明いたします」とコメントしていた。ところが、現在も長女と暮らす才賀に“違法連れ去り”だと報じられたのだ。

「文春オンライン」の記事によると、あびるは’20年1月に長女の親権者変更を求める調停を申し立て、同年8月に長女の引き渡しを求める調停を申し立てたという。一度はあびるの申し立てが認められ審判が下されたというが、才賀があびるの酒癖による育児放棄を理由に即日抗告。しかし’21年4月に、あびるに対して親権者変更と長女の引き渡しが確定したという。

「記事では、裁判後も才賀さんが長女を引き渡さなかったと報じています。加えて、長女のあびるさんに対する態度の変化についても触れられています。呼び方が『ママ』から『優ちゃん』に変わったといい、家裁の調査官にあびるさんのことを『人間でもないし。動物だよ』と言ったというのです。

さらに調査官の報告書では才賀さんによる“刷り込み”が指摘され、家裁も才賀さんが“現状維持を図っている”とみなしたそうです」(芸能プロ関係者)

才賀はまだ係争中だったと思われる’20年12月に「AERA.dot」のインタビューで、あびるとの離婚原因を彼女の酒癖だったと語っている。そして娘と合わせる条件に「酒を断つこと」を挙げ、「いまの彼女に娘を渡すことは絶対にできない」と語っていた。

だが、ブログでは長女や絵莉さんの話題を主に綴っているが、親権者が変更されたことについては一切触れていない。「週刊文春」による取材にも「回答は控えさせていただきます」と口を閉ざしたという。



■度重なるモラハラが物議…ネットでは「子供が可哀想」の声

そんな才賀だが、これまでブログを通じて“モラハラ疑惑”が物議を醸してきたことも記憶に新しい。

「今年6月上旬、才賀さんは絵莉さんの妊娠を知る直前に、彼女に仕事を手伝うように頼んだそうですが、体調不良を理由に断られたことからキツく当たったことを明かしていました。妊娠を知る前だったとはいえ、体調が優れない恋人に“逆ギレ”したことはネット上で批判を浴びることに。

その後もつわりで苦しむ絵莉さんに《前の嫁もその前の嫁もつわりなんてなかった》と言い放ったそうで、1人目の妻や前妻のあびるさんを引き合いに出して理解を示そうとしなかったといいます。そのことについて、絵莉さんは《つわりより、それが1番辛かった》とブログに綴っていました。才賀さんの言葉によって追い詰められた絵莉さんに、“モラハラではないか”と心配の声が相次いだのです」(前出・芸能プロ関係者)

度重なる“モラハラ疑惑”に次いで、前妻・あびるによる“連れ去り告発”が報じられた才賀。21日に更新されたブログでは習い事に行く長女に触れ、《パパ一緒に行こうか?と聞くと娘は「今日は家族一緒に行こ」と絵莉と3人で》と仲良しアピールをしていた。

しかし、たびたび言動が波紋を呼んでいる才賀を「応援できない」と感じる人もいるようで、「子供が可哀想」といった声が上がっている。

《こんな小さな子供が自分の母親を人間じゃない、動物だ。なんていう発想が浮かぶこと自体ありえないんだから、いかに父親が母親を悪く言ってるかがわかる。元奥さんにも悪いところはあったのかもしれないけど、子供に実の母親を悪くいうことほど罪深いことは無いよ...》 《だから!やたら幸せアピールするのに、違和感があったので、納得。そして、あびるさんが沈黙していた理由がこれだったんだ…娘さんへの圧が事実なら、幸せアピールのインスタ、すごい気持ち悪い…》 《才賀の評判があまりに悪過ぎるんで、娘さんがちょっと心配ですね》