image

カワイイけど、面倒臭そう。

波乱万丈の半生を乗り越えてきた歌手・華原朋美さん(42)を見ていると、奇麗やカワイイと思うよりずっと「面倒臭そう」という印象を抱くのはなぜでしょう。

デビュー時から小室哲哉さん(58)の恋人といわれ、一気にスター歌手の道を上りつめた彼女。しかしその後は魔法が解けるかのように、失恋や体調不良、薬物依存などの報道が続出。上った分だけゴロゴロと転落していきました。

ここ数年は落ち着いてきたのか、アラフォーながらの美ボディを披露し、新恋人との話題がニュースになることも増えたともちゃん。「幸せになってほしい」と視聴者の多くが願っていることと思いますが、同時にニコニコ明るい表情の裏からどこからともなく“女の面倒臭そうなニオイ”を感じ取っている人も多いのではないでしょうか。

たとえば先日の音楽イベントに出演した際、共演者から恋愛について問われると「昔はデートのときでも『あれカワイイ、ほしいな』と言ったら、『買ってあげようか』という言葉が必ずついてきた」とコメント。事実なんだろうけど……頭のいい女はそんなこと、口が裂けても言わないよ! 素直といえば聞こえはいいですが、思ったことや経験したことをそのまま発言する彼女からはやっぱりにおっちゃいますよね。「TK」という存在が……。

過去の恋愛をネタにして注目を浴びるという芸風は、多くの人がやっていること。だから別にネタの1つと考えればよいのですが、彼女の恋愛トークからTK臭を感じると妙に「またかよ」と落胆してしまう。それと同時に「でも私はTKに選ばれた女だもん!」という女のドロドロした意地とプライドも感じ取れます。天才に見初められ、姫として扱われ、スターになった経験のある彼女。過去の事実が、彼女の恋愛や男性への要望を今も縛っているような気がしてならないのです。

「男は、女の“初めての男”になりたがる」

よく聞く名言です。これは男がプライドの高い生き物であり、比べられることを極端に嫌がる生き物であるということを現した言葉。どんなに元彼の存在が明らかになっていようとも、両者が認識していようとも、女はその男の前では「あなたがいちばん」ではなく「こんなの初めて」と叫び続ける必要があります。

でも、ともちゃんを見ていると常にTK臭をまとい、自分の恋愛に対する不器用という名のハードルの高さを示し、「いちばん探し」をしているように見えるのです。天才音楽家TKと比べられるなんて、どれだけ自信のある男でもいい気はしないもの。むしろ比べられてもなお挑もうとする男ってプライドがエベレスト級に高いか、クセの強すぎる男が多いはず。想像するだけでもゾッとします。

先日のイベントで、ともちゃんはTKとのスター時代を「だって、出だしがあんなちやほやされて……」とつぶやいています。当事者が過去をちやほやと形容してよいのは、今が当時よりもっと幸せなときだけ。“奇跡のアラフォー”と形容されることもあるともちゃんですが、奇跡なのはビジュアルだけじゃなく素直すぎる心。けっこう問題かもしれません。