image

皆様、こんにちは。はちみつ姉妹です。突然ですが、皆さんはファンデーションをつける派ですか?それともノーファンデ派でしょうか?

私たち姉妹は、はちみつ美容と出会ったことですっかりノーファンデ派になりました。ノーファンデはお肌が軽くなるだけでなく、心まで軽くなります。ここ数年、すっぴんメークなんていう言葉も流行しており、ノーファンデになりたいと思う女性が増えつつあるそうです。そこで今日は、はちみつ美容的ノーファンデについてお話ししたいと思います。

ノーファンデとは、ファンデーションを使わないメークを指します。最大のメリットはお肌への負担が少ないこと。そのほかにも化粧崩れの心配がなかったり、メーク時間が短縮できたり、若々しいお肌をキープできたりなど、たくさんの嬉しい利点もあります。しかしいざノーファンデになろうと思うと、少々勇気がいるようです。その躊躇してしまう原因となる代表的な疑問は、以下のものだそうです。

1)日焼けは大丈夫なの?

2)しみやしわをどう隠せばいいの?

3)乾燥しないの?

4)公共の場ではマナー違反ではないの?

5)メークアップをどこまですべきなの?

こうした疑問が障壁となって、なかなかノーファンデになれない方もいらっしゃるようです。でもはちみつを上手に取り入れることで、上記の疑問はクリアできます!以下の方法で、お肌も心も軽くなるノーファンデにチャレンジしていただきたいと思います。

1)日焼け対策

スキンケアの際に、はちみつを混ぜましょう。特にクレンジングと洗顔には必ず混ぜてください。週に1〜2回を目安に、はちみつパックも。まずはお肌を整え、ご自身の素肌力をUPさせましょう。お手持ちのUVクリーム、またはココナッツオイルにはちみつを少量(爪楊枝の先に1粒)混ぜて顔全体に伸ばしましょう。

2)しみ、しわ対策

入浴時に、はちみつで頭皮マッサージをします。またスキンケアの際も、はちみつを混ぜましょう。そしてクリームにはちみつを混ぜて、仕上げとして塗ってください。そうすることで肌表面を守ることができます。しみは隠そうとせず、ファンデーションやコンシーラーを極力薄くしみの上に伸ばすこと。保湿に気をつけることやポイントのみファンデーションを使うことで、しわは目立ちにくくなります。

3)乾燥対策

スキンケアに、はちみつを混ぜます。特にクリーム+はちみつ、化粧水+はちみつ、クリームのみと、ミルフィーユのように丁寧に仕上げることで潤いをキープさせていきましょう。

4)公共の場での対策

はちみつを、スキンケアに混ぜます。クリーム+はちみつ、化粧水+はちみつ、クリームのみとミルフィーユして丁寧に仕上げること。そして自然な潤いと艶を活かして、ポイントメイクをするのです。眉、目元、口元はナチュラルかつ丁寧に仕上げていきましょう。

5)ノーファンデのメーク対策

スキンケアにはちみつを混ぜます。そして唇にも、はちみつを塗ります。眉はパウダーや眉マスカラなどで、ふんわり仕上げ。目元や口元はTPOに合わせて、ナチュラル度の強弱をつけて仕上げましょう。

ぜひはちみつを取り入れて、ノーファンデ生活をお楽しみ下さい。