@その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、吉本興業所属の“霊がよく見える”芸人・シークエンスはやとも。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【『女性自身』の新入社員さんについていた生き霊の正体は…… 】

先日、『女性自身』編集部に新しく配属された、女性の新入社員さんを紹介してもらいました。

担当編集さんが打ち合わせに連れてきてくれたんですが、最初に挨拶したとき「もしかして結婚されてるのかな?」と思ったんですよね。

というのも、後ろに30代くらいの男性の生き霊がついていて、すごく心配そうに見守っているのが見えたから。

恋人というよりは家族という印象だったんですけど、お父さんにしては若すぎるので、もしかして旦那さんなのかなと。

でもご本人に聞いたら、まだ独身だし、とくに思い当たる人もいないとのこと。

そのとき、話を聞いていた担当編集さんが「もしかして、教育係の〇〇さんじゃない?」と思いついたように言いました。

すると、新入社員さんも「すごくお世話になってるし、ほかに可能性がある人はいないかも」と同意していたので、たぶん彼女についている生き霊の正体は、その教育係の方なんだと思います。

僕は、後輩思いのすごくいい人なんだなと思ったんですが、同僚である担当編集さんには、「生き霊まで飛ばすなんて、ちょっと不気味だね(笑)」と言われていて、なんだか少し申し訳ない気持ちになりました(笑)。

【PROFILE】 シークエンスはやとも 1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。昨年8月には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。