2020年7月、認知症であることを公表した蛭子能収さん(73)。その近況や今の思い、妻・悠加さんの“介護相談”も収録した『認知症になった蛭子さん〜介護する家族の心が「楽」になる本』(光文社・定価1,320円)も発売中の蛭子が、本誌読者からの相談に応える!

【Q】「町内のスーパーに「シニア募集」との張り紙があり、働くことにしましたが1カ月もたたないうちにイジメられて辞めてしまいました。前向きにファイトが信条。職探し中ですが、仕事がうまくいく方法を教えてください」(トッピィさん・64歳・岩手県・無職)

【A】「仕事がうまくいく方法は、自分を受け入れてくれる場所で働くこと」(蛭子能収)

シニアでも仕事がうまくいく方法ですか? テキトーでいいんじゃないですかね。(マネージャー「人生相談の回答も仕事ですよ、もっと真面目にやってください!」)あっ、すみません。

でも、仕事は嫌なことをして金をもらうもの。よけいな信条とか持たずに、後ろ向きで頑張らないほうがいいですよ。それにしても職場で年寄りをいじめたり怒ったりする人は、すごく気の毒な人ですね、まいっか。

オレは緊張するような場面で笑ってしまうクセがあります。なんか、人が真剣になっていたり泣いたりしている姿を見ると笑いが止まらなくなります。(マネージャー「笑いそうになったら、太ももをつねって、痛みでこらえたらどうですか?」)

そんな痛い思いしなくちゃいけないなら、他人の目なんかどうでもいいですよ。オレはそんなクセがあるから人の葬式には行きません。

でも、テレビでは面白おかしい人として受け入れてくれました。自分のクセを生かして仕事すればいいですよ。