2020年7月、認知症であることを公表した蛭子能収さん(74)。その近況や今の思い、妻・悠加さんの“介護相談”も収録した『認知症になった蛭子さん〜介護する家族の心が「楽」になる本』(光文社・定価1,320円)も発売中の蛭子が、本誌読者からの相談に応える!

【Q】「ドライアイで緑色の目薬を買って会社に置いていましたが、ある日なくなったと思ったら、上司がその目薬を勝手に使っていました。『それは私のです』と言うべきでしょうか? 目がショボショボしてしょうがないです」(コーバさん・28歳・東京都・会社員)

【A】「『仕方ないからあなたにあげる』と心の中で恩に着せればいい」(蛭子能収)

目がショボショボしているって、かわいそうですね。へへへっ。どうでもいい相談だけど難しいですね。「私のだから返してよ」と言ってもいいけど「オレが自分で買ったんだよ」と言い返されたらトラブルになりそうですね。

それでも相手に言いたいなら、目をショボショボさせながら「あの〜」と笑いながら切り出したほうがいいと思いますよ。(マネージャー「蛭子さんも、漫画家のみうらじゅんさんの仕事場で500円玉を自分でなくしたのに、みうらさんを犯人扱いして『じゃあ、あげますよ』と言って、あぜんとさせたエピソードがありますね」)

あれ、そんなことありましたっけ? でも、その目薬も自分でなくしたのかもしれないけど、もめ事になるのは面倒くさいから「仕方ないからあなたにあげますよ」と心の中で思って恩に着せればいいですよ。

新しい目薬を買えば気分も違いますよ。ずっと目をショボショボさせていれば、誰かが心配して目薬を買ってくれるかもしれませんよ。てへっ。