その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、吉本興業所属の“霊がよく見える”芸人・シークエンスはやとも。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【ジムで出会ったマッチョなおじさんの正体は……】

先日、ジムの体験レッスンに行ってきました。ちょっと体型が気になり出したので、本格的にダイエットを始めようかなと。

慣れない筋トレをしながら、周囲の様子を窺っていたら、鏡の前にブーメランパンツをはいてポーズを決めているマッチョなおじさんを見つけました。

そこまで露出度が高い人はほかにいなくて目立ってたんですけど、それとはまた別の違和感も覚えたんですよね。

それでよくよく見てみると、そのおじさん、鏡に映ってなかったんですよ。そこで初めて、おじさんがすでに死んでる人なんだと気付きました。

ちなみに、姿の映らない鏡に向かってポーズをしてたわけじゃなくて、ただ鏡の前に立って、自分の筋肉を見下ろしながらチェックしているだけでした(笑)。

トレーナーさんに何気なく聞いてみると「普段は露出度の高い格好は禁止だけど、ボディビルダーの方たちが、貸し切りでトレーニングするときはOK」とのことだったので、生前そのジムで鍛えていた人だったんでしょうね。

それにしても、幽霊になってもマッチョだなんてちょっと感動しました。筋肉は死んでも裏切らないってことなんですかね(笑)。

【PROFILE】 シークエンスはやとも 1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。昨年8月には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。