西日本豪雨災害について加藤勝信厚労相は10日の閣議後会見で、医療施設と社会福祉施設等において人的被害はないと説明した。

 加藤厚労相は、厚労省が把握している被害状況を報告。記録的な豪雨によって甚大な被害が生じているとする一方、「医療施設については、断水、停電等の被害が出たところがあるが、現時点では地域全体の診療機能に影響はなく、人的被害はない。社会福祉施設等においては、断水、停電等の被害が出た施設があるが、現時点で人的被害は承知していない」と述べた。

 また、災害時の健康危機管理に関する自治体の指揮・調整の支援を行う「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT)について、岡山県から派遣要請があったことから、12日から派遣予定であることも明らかにした。

■医薬品・医療機器の供給に被害情報なし

 同省によると11日12時時点で、被災した10県で災害派遣医療チーム(DMAT)88隊が活動中。医薬品・医療機器の供給に関しては、通行止めの影響による輸送遅延を除き、被害情報はない。また、病院の患者用給食の業界団体に確認したところ、安定供給の支援を必要とする会員企業はないという。