現職と副会長の一騎打ちとなった日本医師会の会長選挙は、5選を目指す横倉義武氏(福岡県・75歳)を中川俊男氏(北海道・69歳)が17票差で破るという結果で終わった。唐澤会長時代から14年間、日医執行部の一員として政府与党と渡り合ってきた政策通の中川新会長は、新型コロナウイルス感染症への対応をはじめ課題が山積する医療の難局を乗り切ることができるか。

■「横倉先生を名誉会長に」

 代議員全員がフェイスシールドを着用するなど万全の新型コロナ感染防止策をとって開かれた6月27日の日医定例代議員会。代議員会議長・副議長選に続き会長選が行われ、中川氏が初当選を果たした。

 得票数は横倉氏174票に対し中川氏191票。副会長選、常任理事選は、常任理事候補の近藤太郎氏(東京都)が一時残る動きを見せたものの最終的に横倉陣営のみから出馬していた候補者全員が辞退したため、無投票となった。

 当選後、壇上で挨拶した中川新会長は「日医史上最高の会長の1人」と横倉前会長の功績をたたえ、「定款に定めはないが、横倉先生を日医の名誉会長として認めていただけないか」と代議員に提案、承認を得た。

■政権与党との関係は「是々非々」

 日医の会長交代は8年ぶり。

 過去の日医会長選は、政権与党(自民党)との関係で対峙・対決路線をとるか、対話・協調路線をとるかが争点となるケースが多く、2006年の会長選では協調路線の唐澤祥人氏が対峙路線の植松治雄会長(当時)との戦いを制し、2010年の会長選では、自民党政治を批判し民主党政権実現の立役者とされた原中勝征氏が当選。2012年の会長選では自民党との関係修復を目指す横倉氏が原中氏を破り、以来4期8年にわたり、安倍首相や麻生財務相とのパイプなど幅広い人脈を背景に“安定政権”を築いた。

 中川氏の基本姿勢は、時に政権との距離を詰め、時に距離を置くという「是々非々」のスタンス。

 6月14日の出陣式で決意表明した中川氏は、常任理事、副会長として支えてきた3人の会長に触れ、「唐澤会長は優しい医師であり、その人柄に心酔した。原中会長には部下である執行部の役員を守りきるトップの器を見る思いがした。横倉会長には政治家や官僚へのきめ細かな気配りと交渉術の巧みさを教わった」と述べた。対峙路線と協調路線それぞれの長所・短所を執行部内でじっくり学んできた経験の厚みが中川氏の強みだ。