痛風発作の緩解や予防に用いられるコルヒチンが、心筋梗塞(MI)例の心血管系(CV)イベントを抑制することが、5000例近くを登録したランダム化試験"COLCOT"の結果、明らかになった。2017年に報告されたCANTOS試験に引き続き、抗炎症作用を有する薬剤による、アテローム性動脈硬化イベント抑制が示される形となった。Jean-Claude Tardif氏(モントリオール心臓研究所研究センター、カナダ)が報告した。

 アテローム性動脈硬化の進展には、脂質代謝異常に並び、炎症が大きな役割を果たすことが知られている。そこでTardif氏らは、強力な抗炎症作用が知られているコルヒチンが、MI既往例のアテローム性動脈硬化イベントとCV死亡を減少させるとの仮説を立て、検証することとした。

 対象となったのは、MI発症から30日以内で、至適薬剤治療を受けている4745例である。重症心不全例や左室駆出率低下例は除外されている。平均年齢は61歳、93%がPCIを施行されていた。またほぼ全例が抗血小板薬とスタチンを服用し、β遮断薬も90%近くが服用していた。 

 これら4745例が、コルヒチン0.5mg/日群(2366例)とプラセボ群(2379例)にランダム化され、22.6カ月間(中央値)、二重盲検法で追跡された。

 その結果、1次評価項目である「CV死亡・非致死性心停止・MI・血行再建を要する不安定狭心症・脳卒中」の発生率はコルヒチン群:5.5%、プラセボ群:7.1%となり、コルヒチン群における有意なリスク低下が認められた(ハザード比 [HR]:0.77、95%信頼区間 [CI]:0.61−0.96)。これはIntention-to-Treat解析による数字だが、脱落例やプロトコール違反例を除いて解析しても、同様に有意なリスク低下が観察された(HR:0.71、95%CI:0.56−0.90)。 

 一方、有害事象は、悪心(1.8% vs. 1.0%、P=0.02)と腹部膨張(0.6% vs. 0.2%、P=0.02)、肺炎(0.9% vs. 0.4%、P=0.03)が、コルヒチン群で有意に多かった。一方、下痢に関しては有意差はなかった。

 指定討論者として登壇したAruna Pradhan氏(ハーバード大学、米国)は作用機序として、炎症性サイトカインであるインターロイキン6の上流に位置する、NLRP3インフラマゾームをコルヒチンが抑制した結果ではないかと推論していた。なお同氏によれば、安定冠動脈疾患例を対象に、アテローム性動脈硬化イベント抑制作用をコルヒチンとプラセボで比較する、ランダム化二重盲検試験 の"LoDoCo2"  [EudraCT Number:2015-005568-40] が、来年後半には報告予定とのことである。

 本試験はケベック州政府、ならびにカナダ保健研究所、複数の慈善財団から資金提供を受けて行われた。また報告と同時に、N Engl J Med誌にオンライン掲載された。