富士フイルムは4月9日、米国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象とした「アビガン錠」(一般名:ファビピラビル)の臨床第II相試験を開始すると発表した。

 アビガンは、富士フイルム富山化学が開発した抗ウイルス剤。国内では、新型・再興型インフルエンザ発生時に国の判断で使用できる医薬品として2014年3月に承認されている。ウイルスのRNAポリメラーゼを選択的に阻害することでウイルスの増殖を防ぐというメカニズムの特徴から、COVID-19への効果が期待されており、国内では既に富士フイルム富山化学が3月末から治験(国内第Ⅲ相試験)を開始している。

 米国で行う臨床試験は、数十例のCOVID-19患者を対象に、アビガン投与時の治療効果と安全性を確認するもの。マサチューセッツ州のブリガム・アンド・ウイメンズ病院、マサチューセッツ総合病院、マサチューセッツ州立大学メディカルスクールの3施設での実施が予定されている。

 富士フイルムは「患者の救済を使命に、早期の治療法確立を図るとともに、国内外のパートナーとの連携によるアビガン増産体制の整備を進めることで、1日も早いCOVID-19の感染拡大の抑止や流行の終息に貢献していく」としている。