エーザイは7月6日、新規不眠症治療薬「デエビゴ錠」(一般名:レンボレキサント)の販売を開始した。

 デエビゴは、エーザイが創製した新規低分子化合物。脳内で覚醒に関与するオレキシン受容体の2種のサブタイプ(OX1R、OX2R)に対し競合的かつ可逆的拮抗作用を有するオレキシン受容体拮抗剤で、覚醒を制御するオレキシン神経伝達に作用し睡眠覚醒リズムを整えることで入眠と睡眠維持、覚醒を調整するとされている。

 不眠症患者に対するデエビゴ投与で「睡眠潜時」「睡眠効率」「中途覚醒時間」で有意な改善が確認された国際共同第Ⅲ相試験などに基づき日本では2020年1月に承認。米国では19年12月に承認され、20年6月に発売されている。試験中に観察された主な副作用は、傾眠、頭痛、浮動性めまい、疲労など。

 エーザイによると、デエビゴは臨床試験の結果から、原発性のみならず、うつ病などに併発する不眠症への有効性が示唆されている。現在、軽度・中等度アルツハイマー型認知症に伴う不規則睡眠覚醒リズム障害(ISWRD)を対象とした臨床第Ⅱ相試験も進められている。

■「デエビゴ」の効能・効果/用法・用量/薬価

【効能・効果】不眠症

【用法・用量】1日1回5mgを就寝直前に経口投与(症状により適宜増減、最大1日1回10mg

【薬価】デエビゴ錠2.5mg:57.30円/錠、同錠5mg:90.80円/錠、同錠10mg:136.20円/錠