「カメオ出演」って何のことでしょう?映画業界には「特別出演」や「友情出演」のほかに、カメオ出演というカテゴリーがあるそうです。「サプライズ出演」とは違うのでしょうか?

 カメオとは何を意味するのか調べると、宝石・貝殻などに浮き彫りを施した装飾品のことだそうです。また、演劇や映画で、印象的な場面や山場のことを指す、とあります。

 装飾としてのカメオが遠目でもはっきりわかることから、映画で主演俳優の友人や監督、原作者ら作品に縁のある人物が端役で出演することをカメオ出演と呼んでいるということです。

アフレコ写真②

 9月18日(金)公開のアニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』では、北村匠海ら前月に公開された実写版で主人公を演じた4人がひっそりと声優を務める「カメオ出演」の仕掛けが盛り込まれています。実写版で山本理央を演じた北村と乾和臣を演じた赤楚衛二は、アニメ版で文化祭に来た男子生徒役の声優を務めます。実写で山本朱里役の浜辺美波と市原由奈役の福本莉子は、文化祭の女子生徒と、その文化祭で上映される劇中劇の役柄を声優として演じています。

アフレコ写真①

 咲坂伊緒の大ヒットコミックが原作の今作は、何回も観る人、実写版と観比べる人、マニアックに分析する人などさまざまな楽しみ方があるでしょう。

 カメオ出演、に注目して楽しむのもいいですね。ただし今回はアニメに声優として登場するだけに、語源となったカメオほどハッキリと判別できない可能性がありますから、集中して耳を傾けましょう!

 アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』が、9月18日(金)からOSシネマズミント神戸、TOHOシネマズ 梅田ほか全国ロードショー。実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は全国で公開中。(SJ)

ポスター

■アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

キャスト:
島崎信長 斉藤壮馬 藩めぐみ 鈴木毬花

原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:黒柳トシマサ
キャラクターデザイン:山下 祐
脚本:吉田恵里香

配給:東宝
(C) 2020 アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会
(C) 咲坂伊緒/集英社