中学卒業を期に、「歌を歌いたい」と、故郷の福岡から単身で大阪に移住した植田真梨恵さん。力強いハイトーンボイスと、怖いもの知らずのライブパフォーマンスがレコード会社スタッフの目にとまり、17歳でインディーズレーベルからミニアルバムをリリース。2014年には、メジャーデビューを果たした。歌も想いも強い感情型シンガーソングライター。今回は、8月にリリースされたアルバムの制作秘話や、植田真梨恵さんの幼少期エピソードなど、話をうかがっていく。

植田真梨恵さん
植田真梨恵さん(写真:ラジオ関西)

◆アルバムのテーマは?

――3rd「ハートブレイカー」は、どのようなアルバムでしょうか?

これはですね、テーマが「愛と血」です。もともと、ワクワクする楽しいアルバムにしようと思って作り始めたのに、出そろってきた曲たちを眺めていると「あ、これは共通項として『愛』っていうものと、『血』っていうものがあるんだな」っていうことに、自分で気が付いたんです。

――そのテーマは、後から気が付いたんですね。

そうですね。それで、今回はワクワクを目指すために、これまでは絶対に自分で作詞作曲をすると決めていたんですが、今まで関わってきた方に初めて作曲をお願いしたのが、17曲のうち7曲かな、入っておりますね。

――アルバムジャケットの表情も、印象的でしたね。

ありがとうございます。なんかこう、頑張ったアルバムだからこそ、普段通りの私をちゃんと撮りたいなと思いまして、モノクロフィルムで撮影したものになっています。

◆収録曲に込めた仕掛けとは

――激しさや軽やかさなど、いろいろな曲が楽しめそうですが、その多彩さも意識されたんでしょうか?

1枚聴くのがあっという間なものにしたくて、次々と場面転換があるような。逆にいうと、1曲1曲に関しては、発明をするようなつもりで曲を書いて欲しくて。今まで聴いたことないっていう感じだったり、「これはこの感情にピッタリだ!」っていうものだったり。作曲を生業にされている方にお願いするからこそ、「お仕事としてというより、音楽をひたすら楽しむつもりで作って欲しい」とお願いした曲たちが入っています。

――アルバムを買った方からの声は届いていますか?

届いています! みなさんからは「色とりどりな曲が面白いです」と言ってもらっているので、それが自分には意外なところでしたね。

◆誕生日に行った、25時間の生配信

――ご自身のお誕生日に、25時間の生配信をされたそうですが……。

ひとりで「24時間テレビ」的なことなんですが。その放送の中で、まだ何も決まっていない状態からテーマを決めて、曲を作って、アレンジして、レコーディングをして、ミュージックビデオを撮って、放送終了と同時にできあがったミュージックビデオをYouTubeで公開するという企画でした。

――体力的には、大丈夫だったんですか?

大丈夫でした、なんとか。実はこの生配信は昨年もしていて、そのときは「もう二度とやるもんか!」と思ってたんですが(笑)。今年はライブも延期になるなど、なかなかみなさんと会える機会もないので、見守ってもらいながら新しい曲が“爆誕”しました。

――曲づくりは順調に進みましたか?

今回は作り方をいつもと変えてみて、バンドメンバーと“オケ”を先に作ったんですよ。歌詞もメロディーも全くない、なんとなくの“ガワ”だけというのを先に作って、そこに歌詞とメロディーをあてがっていったので。それでギリギリまで作業が難航しまして、朝まで取り組んでいました。

――どんなコメントがありましたか?

心配する声が多かったですね、今年は。やっぱり曲づくりに難航していたので、本当にできるのかなっていうところもあったのかなと。あと、今回のミュージックビデオは、床を背景にしたちょっと不思議な視点のものを作ってみたんですよ。なので、そこを楽しんでもらっているような意見もいっぱいいただいております。

――曲を聴いたリスナーの方々は、どんな反応でしたか?

「楽しい曲で何度でも聴きたくなる」と言ってもらっています。私は、できたてホヤホヤなのもあって「良い曲なのかな?」って不安だったんですが、数日経って今日くらいからやっと「めっちゃいい曲やん!」って思ってます。

◆リスナーへのメッセージと、今後について

――今回の3rdアルバム、リスナーの皆さんにどんな聴き方をして欲しいですか?

なかなか、CDというものを買うことが少なくなっている昨今、サブスクでも楽しんでもらえる曲ですが、もしよかったらCDショップへ行って、CDを買って、開けて、スッとオーディオに入れるところを楽しんでもらいたいような、内容量たっぷりの1枚になっております。

――今後、予定されているイベントなどはありますか?

10月11日(日)に、大阪・万博記念公園である「OSAKA GENKi PARK」というフェスに、私も出させてもらいます。お外なので、ちょっと安心して音楽を久しぶりにライブで楽しめるかなと思いますので、良かったらホームページでチェックして、ぜひ遊びに来てください!

※ラジオ関西『PUSH!』2020年9月24日放送回より