ドリームワークス・アニメーションの最新作! カラフルな妖精たちが歌って踊ってノリノリの音楽を聴かせる『トロールズ ミュージック☆パワー』が、10月2日(金)から、OSシネマズミント神戸、MOVIXあまがさきほかでロードショー。

 妖精たちが暮らす「トロール王国」を舞台に、音楽を独占しようとする敵と戦う“ミュージックアドベンチャー”です。

メイン

 歌って踊ってハグして、毎日ハッピーに暮らすポップ村のトロールたち。ある日、ポップ村の女王・ポピーのもとに、ロック村の女王・バーブからの手紙が届きます。ポピーたちはこの世界に別の仲間たちがいることを知って大興奮! テクノ村、クラシック村、カントリー村、ファンク村、そしてロック村。期待に胸をふくらませてポピーたちは旅に出かけますが、バーブがすべての音楽をうばい国をロックで支配しようしていることが分かります。世界のハッピーを取り戻すため、壮大な冒険が始まります!

02

 トロールズのキャラクターは、1960年代から70年代に世界的に人気となった「ふわふわでカラフルな髪の毛の小さな人形」にインスパイアされています。今回が映画第2弾で、『トロールズ』第1作は2016年にアメリカで映画として公開され、日本ではDVDがリリースされました。その後テレビアニメ版がつくられて日本でも放送、子どもたちに大人気となりました。

 今回の映画ではキャラクターの数がかなり増えてスケールアップ、スクリーンが超カラフルでにぎやかです。

『トロールズ ミュージック☆パワー』は、映像がにぎやかなのはもちろんですが、ミュージカル仕立てで楽しませる音楽がノリノリで、ついつい踊りたくなるくらい楽しいです!

 キャラクターの声優も務めるジャンスティン・ティンバーレイクがエグゼクティブ・ミュージック・プロデューサーを務めていて、シンディ・ローパー「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」(大ヒット当時の日本語タイトルは「ハイ・スクールはダンステリア」)、ダフト・パンクの「ワン・モア・タイム」や、スコーピオンズの「ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン」、スパイス・ガールズの「ワナビー」など、幅広い世代・子どもも大人も楽しめる音楽がいっぱい盛り込まれています。

 日本語吹き替え版のキャストは、上白石萌音・ウエンツ瑛士・仲里依紗、兄弟お笑いコンビ「ミキ」の昴生と亜生、松本梨香・宮野真守らが務めます。『トロールズ ミュージック☆パワー』は10月2日(金)から全国公開です!(SJ)

05

◇『トロールズ ミュージック☆パワー』
監督:ウォルト・ドーン
出演:アナ・ケンドリック ジャスティン・ティンバーレイクほか
配給:東宝東和 ギャガ

A UNIVERSAL PICTURE(C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED