新浜レオン
セカンドシングル「君を求めて」も絶好調の新浜レオンさん(写真:ラジオ関西)

 昨年、「第61回 日本レコード大賞」新人賞を受賞した演歌歌手の新浜レオンは、小、中、高校と野球一筋に打ち込み、将来の夢は「プロ野球選手になる」ことだった。

 高校時代には千葉県大会でベスト4にまで進んだが、甲子園には届かず、プロ野球選手への夢は途絶えてしまう。そんなとき、目標を失った新浜レオンを新しい道へと導いたのが父親だった。

 実は、父親は「伯方の塩」の声でおなじみの演歌歌手・高城靖雄。幼い頃から演歌・歌謡曲ばかりを聴いてきた。甲子園への夢破れ、絶望のなか、新たな道を決意し、大学時代から父親のカバン持ちを始め、歌手の道を目指した新浜レオンが、現在の心境をフォークシンガー・ばんばひろふみのラジオ番組で語った。

ばんばひろふみ(以下、ばんば):びっくりするくらいのイケメンのゲストにお越しいただきました。

新浜レオン(以下、レオン):新浜レオンです。よろしくお願いします!

ばんば:プロ野球選手になるのが夢だったのですか?

レオン:小・中・高と野球に打ち込んでいました。地元千葉県大会のベスト4までいったのですが、甲子園は逃してしまいました。

ばんば:ポジションは?

レオン:キャッチャーをやっていました。ラジオ関西さんに来る途中、憧れの場所、甲子園球場に初めて行って写真を撮ってきましたよ。

ばんば:関西はどうですか?

レオン:関西の皆さんの盛り上がりはすごいですよ。同時に、ほんとにダメなところも言ってくださるのがうれしいですね。

ばんば:関西人はハッキリ言うからね(笑)。

レオン:「レオン、話し長いよ」とか「もう、早く歌ってよ」とか言われることもあるのですが(笑)、そういうのを含めて、とても温かいです。

ばんば:演歌、歌謡曲へ向かったきっかけは?

レオン:実は父親が演歌歌手でして、生まれたときからその世界にいて、いつも車に乗れば演歌が流れていたし、根っからの演歌好きですね。

ばんば:お父さんの影響が大きいのですね。

レオン:小学校から野球に打ち込んだんですが、プロへの道をあきらめたときに、改めて「父の仕事ってどんなんだろう?」と、大学生の時にカバン持ちからスタートしました。

ばんば:カバン持ちから!?

レオン:はい。そのなかでバックコーラスをやらせてもらったり、前歌なんかもやらせてもらいながら大学時代を過ごしました。でも、「演歌・歌謡曲を僕と同世代の人たちはなぜ聴かないんだろう?」って、すごく疑問に思っていたので、大学のミスターコンテストに出てみたんです。

ばんば:確かに若い世代は聴かないかなあ。

レオン:自己PRコーナーがあって、森田公一とトップギャランの「青春時代」を歌いながら、会場を練り歩いて学生と握手したんですよ。

ばんば:ディナーショーみたいな感じやね(笑)。

レオン:それが学生に受けてグランプリをいただいたんです。それがきっかけになって、この演歌、歌謡曲という素晴らしい伝統を同世代に伝えたいという思いが強くなりました。

ばんば:で、プロに行こうと思ったの?

レオン:はい!

ばんば:その気持ちをお父さんに伝えたときはどうおっしゃっていましたか?

レオン:家族会議で「歌手になりたい」と言ったときに、父もそうなんですが、まず母が顔を真っ青にして「何を言ってるの、君は!」って……。

ばんば:そりゃお母さんは、お父さんのフォローで苦労したんやろうね。

レオン:今となっては母の気持ちもわかるんですが、今まで野球をやっていたときは、朝早く起きてお弁当作って、泥だらけのユニフォームを洗ってくれたり、一番の味方だった母がはじめて大反対したので驚きました。

ばんば:反対を押し切って歌手になり、昨年ついにデビューを果たして、「第61回日本レコード大賞」新人賞を獲得したんですよね。

レオン:ありがとうございます。本当にうれしかったです。

ばんば:そして、7月1日に第2弾「君を求めて」がリリースされたんだけど、これがまたすごくて、リリースした途端、オリコンの週間演歌歌謡曲シングルランキングの1位獲得!

レオン:ありがとうございます。

ばんば:このCDの2曲目「佐原の町並み」は、作詞・作曲が長戸大幸(ながと・ だいこう)氏。長戸氏とは僕も一緒に番組をしてるんだけど、ZARDやB'zを育てた名プロデューサーとして知られる長戸氏が作詞・作曲するって、これはすごい!

レオン:そうなんですよ!

ばんば:演歌・歌謡曲初の作詞・作曲、もう御大やから最近書かんで! よっぽどの秘蔵っ子なんやろな。レオンさんが「絶対売れる!」と思ってるんや。もう、番組上げて応援しましょう!

レオン:本当に幸せです! ありがとうございます!

ばんば:では、最後にリスナーの皆さんにメッセージをお願いします。

レオン:まだまだ大変な状況が続いてるんですが、今日こうしてお話しできる機会をいただいたことを心から感謝しています。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

※ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』2020年11月4日放送回より