2020年は、火星の地球への接近や「ふたご座流星群」、そして「はやぶさ2」など、天文をめぐる話題が多くあった1年でした。2021年も様々な天文現象が期待されます。

 明石市立天文科学館で、時にプラネタリウムの操作卓を乗っ取り、ダジャレ交じりの星空解説を行う「ブラック星博士」(「軌道星隊シゴセンジャー」の敵役)に、2021年、注目すべき現象について聞きました。

ブラック星博士
ブラック星博士

――2021年、おすすめの天文現象を教えてください。

わはははははは! ブラック星博士じゃ〜。わはははははは! 2021年の天文現象、いろいろあるぞ! まずは食関係。日食とか月食とかいろいろあるな〜。日食は南極とか北極で見ることができるんだな。行くのはちょっと難しいなあ。しかし月食は条件最高じゃぁ!

――いつ、どんな月食ですか?

5月26日の皆既月食、11月19日の部分月食、いずれもとっても見やすい時間帯じゃあ。特に5月26日の皆既月食はスーパームーンの皆既月食。とっても迫力があると思うぞ! この素晴らしい月食を見逃すな! 見逃すと「ゲーっ! ショック!!」とか言ったりしてな、わはははははは!

満月(明石市立天文科学館の井上毅館長の公式Twitter、2020年10月31日より)
満月(明石市立天文科学館の井上毅館長の公式Twitter、2020年10月31日より)

――……。では、流星群はどうでしょう?

流れ星にもいろいろ魅力があるぞ! 特に8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群、いずれも条件いいのじゃ! 流れ星見て、星に願いをして「★い」(ほしい)とか言ったりしてな、わはははははは!

――……。他には?

惑星も魅力たっぷりじゃ! 木星と土星は夏から秋にかけて見ごろとなる。木星の模様やガリレオ衛星、土星のリングの傾きがポイントになるんじゃ。望遠鏡で見てほしい! 木星にちゅうもくせい! 土星のリングにかんどうせい! 夏休み、惑星にワクワクせい!って感じじゃ! わはははははは!

――…………。

ま、まだあるぞ! ちょっとマニアックな人には11月8日の金星食、12月3日に火星食、こちらは白昼の青空の中で起きる天文現象じゃ。天文台の望遠鏡のインターネット中継などに期待したいな。火星食なら、天文台にまかせい!って感じじゃ! わはははははは! ま、そんなわけで2021年、天文現象いろいろあるので楽しんでくれい! わはははははは!

――ブラック星博士、ありがとうございました……。

◆明石市立天文科学館
兵庫県明石市人丸町2-6
※新年は1月1日から開館(月曜休館)

明石市立天文科学館
明石市立天文科学館