ボサボサの髪、自信なさそうに丸まった背中、伏し目がちな視線……松坂桃李がアイドルオタクをリアルに演じる、映画『あの頃。』が、2月19日(金)からOSシネマズ神戸ハーバーランド、MOVIXあまがさき、TOHOシネマズ梅田などで全国ロードショー。

写真 サブ1

 大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、バンド活動はうまくいかず、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たのをきっかけに、一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりしてしまいます。オタクとしての活動“オタ活”にのめり込み、ハロプロ好きの仲間と一緒に学園祭での啓蒙活動やトークイベントに明け暮れる生活。「恋愛研究会。」というバンドを結成し、青春を謳歌します。しかし、時は流れ、仲間たちは次第に離れ離れになっていきます……。

 原作は、「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)。神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人(つるぎ・みきと)氏が、2000年代初めに大阪で過ごした日々を描いた自伝的コミックエッセイを映画化しました。

サブ3

 松坂桃李が、原作者の劔氏になりきって「ハロー!プロジェクト」に青春を捧げるアイドルオタクを演じ切っています。松坂によると、劔氏は撮影現場にしばしば来ていたそうで、歩き方や姿勢などの特徴を観察して演技に生かせるよう心がけていたということです。「劔氏から『だんだん僕に似てきてますね』と言われたときはすごくうれしかった」と振り返りました。

サブ2

 一言でいうと、オタク青春群像劇。狭いアパートに男6人集まってあれこれ語り合ったり、内輪でイベント開いて大盛り上がりしたり、恋をめぐって大ゲンカしたり。全体として実にリアルで、まるで自分の隣りに登場人物たちがいるように感じられる物語です。仲野太賀ら個性豊かなオタク仲間の関西弁はとても自然。劔が松浦亜弥と握手会で言葉を交わすシーンで松浦を演じるのはBEYOOOOONDSの山﨑夢羽で、これもそっくり。

 劇中には、「Yeah!めっちゃホリディ」「♡桃色片想い♡」(松浦亜弥)、「恋ING」「ザ☆ピース!」(モーニング娘。)、「ロマンティック 浮かれモード」(藤本美貴)など、当時のハロプロを彩った曲がたくさん登場します。

 バカバカしく大笑いできて、くだらないと思えるほど楽しくて、ちょっと切ないオタク生活に共感! 映画『あの頃。』は2月19日(金)、全国ロードショー。

メイン

◇映画『あの頃。』

キャスト:
松坂桃李 仲野太賀
山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ
大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山崎夢羽(BEYOOOOONDS) / 西田尚美

監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬 音楽:長谷川白紙
原作:劔樹人「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)

配給:ファントム・フィルム
(C)2020『あの頃。』製作委員会