神戸新聞社が運営するニュースサイト「まいどなニュース」は、サイト開設2周年となる2021年4月17日、「まいどな漫画大賞」を創設し、審査委員長にお笑い芸人で漫画家としても活躍する「カラテカ」の矢部太郎が就任すると発表した。

 関西発やわらかニュースサイトとして様々な情報を届ける「まいどなニュース」。保護猫のほか、おもしろ猫、かわいい猫など、普段から猫の話題を発信し、人気を博している。今回は、サイトのメーンキャラクターである「猫」を用いた漫画を募集。4コマ、あるいは8コマのオリジナルマンガを、「#まいどな漫画大賞2021」のハッシュタグをつけてTwitterで投稿することで応募が完了する。プロアマ不問。募集期間は4月17日から6月30日まで。

 漫画「大家さんと僕」で手塚治虫文化賞短編賞を受賞した矢部太郎が審査委員長を務め、「まいどなニュース」編集部員とともに審査を担当。大賞に選ばれると賞金20万円が贈呈されるほか、「まいどなニュース」サイトへ作品と作者のインタビュー記事が掲載される。また、最終選考に残った作品も、サイト掲載と掲載料の支払いが予定されている。

審査委員長を務める矢部太郎(カラテカ)

 詳細は、「まいどな漫画大賞2021」ホームページに掲載される。