映画クレヨンしんちゃん第29作は、シリーズ初の学園ミステリー! 学校とは? 教育とは? 優等生=エリートとは? 青春とは? 現代社会に問いかけるケッ作おバカストーリー。なぜか大人も泣いてしまう、『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』が、4月23日(金)、OSシネマズミント神戸・イオンシネマ加古川・TOHOシネマズ梅田など全国で公開です。

 しんのすけは、優等生・風間くんの誘いで全寮制の超エリート校「私立天下統一カスカベ学園」(通称・天カス学園)に1週間体験入学することになり、学園生活に期待をふくらませます。風間くんは体験入学で良い成績をおさめ、この天カス学園への入学を目指しています。

 ところが、事件発生! 風間くんが、お尻に奇妙な噛み跡をつけられて倒れているのが発見されます。翌朝、目を覚ました風間くんはおバカになっていました。天カス学園では正体不明の「吸ケツ鬼」にお尻を噛まれた生徒が突然おバカになる事件が何度も起きていて、しんのすけたちは真相解明に乗り出します……。

==サブ01=

 今回もゲスト声優が重要な役割を担っています。仲里依紗は成績優秀でエリートクラスに在籍しながら強いポリシーでギャルメイクを貫く「アゲハ」役を演じます。フワちゃんが天才ユーチューバーの本人役です。チョコレートプラネットは不良生徒を演じていて、こうした縁から、しんのすけが「TT兄弟」のギャグを披露する場面があります。

==5ショット=

 映画版クレヨンしんちゃんは、主題歌を毎回豪華なアーティストが担当していて、今回は全員音大出身で去年11月にメジャーデビューした“全年齢対象ポップスロックバンド”マカロニえんぴつが務めます。制作陣は「クレヨンしんちゃん」のテレビシリーズを多く手がける髙橋渉(監督)と、うえのきみこ(脚本)。

 今作のキーワードは、“エリート”と“青春”です。もちろん今回も期待を裏切らない超お下劣シーンがいっぱいなのですが、AIが人間を評価する「エリートポイント」のシステムで生徒の成績を格付けする場面を盛り込んで社会を風刺し、友情や家族愛を描いて大人を大泣きさせます。

 ミステリーのなぞ解きに挑む、しんのすけ。推理の先のケツ末は? 4月23日公開!(SJ)

==写真 メイン01=

◇『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』

原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:髙橋渉(『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』『爆睡!ユメミーワールド大突撃』)
脚本:うえのきみこ

声の出演:
小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ ほか
声の特別出演:
仲 里依紗、フワちゃん、チョコレートプラネット

主題歌:マカロニえんぴつ「はしりがき」 (TOY’S FACTORY)
配給:東宝
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2021