主人公の漫画家役が菅田将暉、事件を追う刑事は小栗旬。サイコパス的殺人鬼に扮するセカオワのFukase が演技初挑戦。映画『キャラクター』が6月11日(金)、OSシネマズミント神戸・TOHOシネマズ梅田など全国ロードショー。

 漫画家がたまたま事件現場で殺人犯の顔を目撃し、その顔を“キャラクター”として漫画を描いて売れてしまったらどうなるか?

 スケッチに向かった先で、一家殺人事件の現場で犯人を見てしまう主人公・山城(やましろ)を演じるのは、菅田将暉。

 山城の運命を狂わせる殺人鬼・両角(もろずみ)を演じるのは、これが俳優デビューとなるSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukase。

 山城が描く漫画「34」(さんじゅうし)と事件の関連に気づき、真相を探る刑事・清田(せいだ)を演じるのは、小栗旬。

サブ01

 売れっ子漫画家を夢見る主人公・山城。画力が高いのに、やさしい性格のため臨場感のある悪役キャラクターを描けず、なかなか独立できません。ある日、4人家族殺害事件に遭遇し、犯人を目撃してしまいます。

 事件の第一発見者として警察の取り調べを受けますが「犯人の顔は見ていない」と嘘をつきます。さらに、自分だけが知っている犯人を殺人鬼のキャラクター“ダガー”として、サスペンス漫画を描き始めます。

02

 本物の悪を描いた作品は、大ヒット。山城は一躍、スター漫画家として幸せな生活を手に入れます。

 こうした中、現実の社会で、この漫画をそのまま模したような殺人事件が次々と発生します。

 刑事の清田(小栗旬)は、漫画の内容と事件がよく似ていることを不審に思い、山城に目をつけます。一方、山城の前に、再び殺人鬼・両角が姿を見せて……。

04

 サイコパスの殺人鬼を映画初出演のFukaseが演じます。役作りとして、この人物の心理を突き詰め、純粋な子どもの表情を演技の参考にしたそうです。衣裳は自分自身が日ごろ油絵を描くときに着ているセットアップを参考にして、絵の具の汚れがそのまま取り入れられています。

07

 Fukaseの演じぶりについては、共演者が口をそろえて褒めています。

菅田「シンプルに一役者として対峙するのがすごく楽しかったです。両角は本当にFukaseさんしかいなかったですね」

小栗「独特の存在感があって、この作品において両角のキャラクターがどのくらいインパクトを与えられるかが重要だと思うので、Fukaseさんはとってもぴったりだなと思いました」

高畑充希(菅田の妻役)「初めてのお芝居で緊張しているとおっしゃっていたんですが、それが微塵も感じられなくて、なんて堂々とされているんだろうと思いました」

中村獅童(小栗の上司役)「普段、音楽でキャラクターを表現されている方なので、芝居でもしっかりとキャラクターを表現できるんだなと感じました」

 10年かけて練り上げた企画がついに公開です。キャラクターが複雑に絡み合い、謎が深まります。まばたきする時間が惜しい! 観ている間じゅう、ずっとハラハラドキドキの作品。『キャラクター』が6月11日(金)、全国ロードショー。(SJ)

ポスター

◇映画『キャラクター』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
菅田将暉 Fukase(SEKAI NO OWARI)
高畑充希 中村獅童 小栗旬

原案:長崎尚志
脚本:長崎尚志 川原杏奈 永井聡
音楽:小島裕規 “Yaffle”
監督:永井聡
配給:東宝
(C)2021映画「キャラクター」製作委員会