もし、あなたの周りにいる頼りない男性が実は最強の殺し屋だとしたら……。

 岡田准一が一般人として普通に生きる“伝説の殺し屋”を演じる、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日(金)、神戸国際松竹・大阪ステーションシティシネマなど全国公開。

 どんな相手も6秒以内に殺す―主人公は、最強の殺し屋として裏社会から“ファブル(寓話)”と呼ばれて恐れられた男です。少年時代からボスの指導を受け、超人のような殺人能力を発揮してきました。

 しかしボスから「1年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられ、佐藤アキラという偽名を使って大阪で暮らしています。

 ある日、表向きは子どもを守るNPOの代表で、裏では緻密な計画で若者を殺す男・宇津帆(うつぼ)がこの街にいることが分かります。

 宇津帆は、かつてファブルに弟を殺されたことから復讐を計画しています。

 一方ファブルは、ある事件で自分が救えなかった車椅子の少女・ヒナコと偶然再会し、大騒動へと発展します――!

メイン

 主人公のファブル(=佐藤アキラ)を演じるのは岡田准一。岡田はこの作品で主演とファイトコレオグラファーを兼任し、共演者にアクションを指導しています。

 ファブルの相棒・ヨウコ役の木村文乃と敵の殺し屋を演じる安藤政信の格闘シーンが大きな見どころなのですが、江口カン監督は「岡田さんは安藤さんに熱く指導していて、安藤さんも安藤さんで決してへこたれずにものすごく食らいついていっていました」と2人の様子を明かしました。

サブ8

 また、ヨウコのアクションについて江口監督は、「どうしたら女性が強そうに見えるかっていうのを岡田さんと話していたら、岡田さんはヨウコに締め技をつけてきたんです。それに乗じて足が良く見えるホットパンツにしたことで、セクシーで強いヨウコのアクションができたと思います」と岡田へのリスペクトを語りました。実際、撮影現場で監督は“岡田師範”と呼んでいたそうです。

 自身のカーアクション場面でも岡田は、暴走する車の天井部分からクルリと一回転してドアにしがみつくシーンに命綱1本でトライし、驚異の身体能力を発揮しました。周りのスタッフは「こえ〜!」と感じる撮影でも、余裕の表情でこなし、地面スレスレの激しいシーンも乗り切っています。

 さあ、アクション最大のヤマ場は神戸で撮影されました。予告映像の冒頭に登場する、団地のドアが爆発で吹き飛ぶのをギリギリで岡田が避けるシーンは、神戸の東山住宅です。このほか、団地の廊下でのアクションや団地の前で岡田と安藤が遭遇する場面もここで撮られています。

『ザ・ファブル』の隠し味として、アクションの緊張感を緩ませるコミカルパートが魅力的。ファブルの猫舌ぶりやマニアックな芸人を偏愛する様子が作品独自のアクセントになっています。

 岡田准一が時給800円の最強兄さん。『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、6月18日(金)公開。(SJ)

ポスター

◇映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

出演:
岡田准一
木村文乃 平手友梨奈 安藤政信
黒瀬 純 好井まさお 橋本マナミ 宮川大輔
山本美月 佐藤二朗 井之脇海 / 安田 顕 / 佐藤浩市
堤 真一

原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤンマガKC」刊)
監督:江口カン
アクション監督:横山誠 ファイトコレオグラファー:岡田准一
主題歌:レディー・ガガ&アリアナ・グランデ「レイン・オン・ミー」(ユニバーサル ミュージック)
配給:松竹

(C) 2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会