女優の武田梨奈がパーソナリティーを務めるラジオ番組『武田梨奈のこだわりな時間』(ラジオ関西、土曜午後5時〜)。7月3日放送回では、前回に続いて俳優の濱正吾がゲストに登場。共演した映画『ナポレオンと私』(監督:頃安祐良、7月2日公開)の撮影エピソードを明かした。

武田梨奈(奥)と濱正悟(手前)(写真:ラジオ関西)

 コロナ禍の影響もあり、一時は撮影が延期になるなど、かなり長い期間をかけて制作された映画『ナポレオンと私』。2人にとっても印象的な作品となったという。

 ともに演じるシーンごとでコミュニケーションを積極的にはかることもあれば、あえてコミュニケーションをとらないで演じるなど、お互いの距離感を自然に作ることができたという、武田梨奈と濱正吾。「すごくやりやすかった現場だった」と撮影現場の雰囲気を振り返った。

 また今回の映画で濱が演じた役柄は、英雄・ナポレオン。ゲームからリアルな世界に飛び出てきたという設定だった。

 その設定の話から、話題は「キャラクター」におよぶ。武田梨奈が濱正吾に「実際に暮らしてみたいキャラクターは」と問うと、「やはりドラえもんかな」と回答。その後は「欲しい秘密道具は?」といったトークで2人は盛り上がっていた。

 武田梨奈と濱正悟いわく、『ナポレオンと私』は「恋愛要素だけではなく、男性でも琴線に触れるシーンがたくさんあり、男性、女性、どちらにもハマる作品」とのこと。二人の想いがこもった“妄想系ラブストーリー”映画は、放送前日の7月2日より東京・HUMAXシネマズほかで全国ロードショーされている(※一部の映画館では公開日が異なる。詳細は公式サイト参照)。

武田梨奈(手前)と濱正悟(奥)(写真:ラジオ関西)