女優の武田梨奈がパーソナリティーを務めるラジオ番組『武田梨奈のこだわりな時間』(ラジオ関西、土曜午後5時〜)。7月24日放送回では、女性ファッション誌「Popteen」専属モデルの福山絢水が登場。武田とともに、メイクについてのこだわりトークを展開した。

武田梨奈(奥)と、福山絢水(手前)(写真:ラジオ関西)

 熊本県出身、2002年生まれの現在18歳、“あやみん”の愛称でも親しまれる、福山。モデルとしての活動の他に、「美容系YouTuber」としての顔も持つ。

 その彼女が広く認知されるようになったのが「一重メイク」。マツコ・デラックスも絶賛すれば、10代女性からの支持も高いインフルエンサーである。

 その福山のメイク動画を参考にして、番組収録に臨んだという武田。話題の「一重メイク」について、「どうやって生まれたの?」と話を向ける。

 この問いに対し、そもそも「一重はコンプレックスだった」と明かした、福山。周りのモデルのほとんどが「二重」であることで、「一重の自分は、モデルは無理なのでは?」と自問自答するも、あるとき、「逆にこの一重をいかしたことはできないのか?」と発想を転換。コンプレックスを持っていた自分が「一重をいかした活動」をすることで、自分と同じように悩む子たちが希望を持てるのではと思い、そこから「一重メイク」を始めていったという。

 また、「メイクはいつから興味を持った?」という武田からの質問に、福山は「中学生くらいから興味が出てきた」、「2つ上の姉の存在が大きく、姉のメイク道具や、メイクをしてくれたことでどんどん興味が大きくなっていった」と答えていた。

 番組のなかでは、「一重メイク」のカリスマ・福山が、武田へメイクについてアドバイスする場面も。さらに、愛用のメイク道具やコスメなども披露していた。

 メイクという女性にとって関心の高い話題が展開されたこともあり、武田と福山の女子会トークで盛り上がる30分となった。