今年の広島原爆の日より、日本で原爆が開発されていた事実を描く日米合作映画が公開されています。『映画 太陽の子』が8月6日(金)、全国ロードショー。

 葛藤・恋愛・反発・日常……この作品は日本で行われていた原爆開発の過程を通じて、若い男女3人の青春を描いています。

 1944年、夏。「この研究が成功すれば、戦争は終わる」──京都帝国大学物理学研究室で教授の指導のもと、こう信じて実験に没頭するのは若き科学者・石村修ら学生たち。海軍から依頼された原子核爆弾の開発を急いでいます。これはアインシュタインの理論を具現化することなのですが、一方で世界を滅ぼしかねない研究です。

1

 太平洋戦争が最終局面を迎え、家を失った幼なじみの朝倉世津が、修と母親が住む家で一緒に暮らすことになります。修は秘かに世津に思いを寄せています。

メイン

 ある日、陸軍に所属して戦地にいた修の弟・裕之が突然、帰宅します。部隊が配置換えになって、この機会に肺を治すようにと軍医から休暇を与えられました。久しぶりの再会を喜ぶ3人。裕之もまた、世津に恋心を抱いています。戦地の出来事を一切話さず、明るく振る舞っています。

 3人は思い出の海に出かけますが、帰りのバスがエンストし、野宿することに。ここで修と世津は、裕之が負った深い心の傷を感じます。深夜に修が目を覚ますと、弟・裕之の姿が見えません。世津と一緒に捜しまわると、海岸にたたずむ裕之が荒い波の中へと入っていくのが見えます。

 裕之は心の声を振り絞ります。

「怖いよ。でも俺だけが死なんわけにいかん」

 世津は裕之と修の肩を抱きしめて叫びます。

「戦争なんか、早う終わればええ。勝っても負けても構わん」

2

 修たちの実験は失敗を重ねています。大学の地下室で学生たちは、不満や疑問を口にします。

「科学者が兵器を作ることについては、皆さんはどうお考えですか」

 教授が答えます。

「もし、我々が核分裂をコントロールし、そのエネルギーを⾃由に使えるようになれば、戦争はなくなる。世界を変えるために科学をやるのだ。科学者なら大きな夢を語れ」

6

 世津は、戦争が終わったら教師になりたいと言います。裕之は再会を誓って軍へと戻り、修はがむしゃらに実験を続けます。運命の8月6日、広島に「新型爆弾が投下された」とラジオが告げます。日本中が絶望に打ちひしがれる中、修は何を見つけるのでしょうか──。

3

 戦争に翻弄されながら懸命に生きる若者3人を演じるのは、柳楽優弥・有村架純・三浦春馬です。前を向いて「いっぱい未来の話をしよう」と語る三浦の笑顔が印象に残ります。『映画 太陽の子』が8月6日(金)、公開。(SJ)

新メイン

◇『映画 太陽の子』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
柳楽優弥 有村架純 三浦春馬
イッセー尾形 山本晋也 ピーター・ストーメア
三浦誠己 宇野祥平 尾上寛之
渡辺大知 葉山奨之 奥野瑛太 土居志央梨
國村隼 田中裕子

監督・脚本:黒崎博
音楽:ニコ・ミューリー
主題歌:「彼方で」福山雅治 (アミューズ/ユニバーサルJ)
配給:イオンエンターテイメント 
(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ