8月6日から全国公開中の松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』。今作を、映画をこよなく愛するラジオパーソナリティー・増井孝子さんが解説します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 さすが松竹映画100周年記念作品だけあって、すごい顔ぶれ。監督は、50周年のときも「キネマの天地」を撮った山田洋次。89歳で89作目の映画になる。

 原作の原田マハは2006年、43歳で小説家デビュー。数々の文学賞を受賞し、いま最も注目される作家のひとり。本作は、たいへんなギャンブル好き、映画好きの実父を念頭に、ギャンブル依存症の父と失業した娘、壊れかけた家族の話を描いたという。「もし映画化されるなら山田洋次監督に撮ってほしい」と思っていた夢がかなったが、できあがったのは小説とはずいぶん違う映画。それでもその作品は「別のクリエーターによる別のクリエーション」なので、OKなんだとか。

 おまけに、山田洋次と朝原雄三が共同で書いた脚本を、原作者自らがノベライズするという前代未聞の試みで、「キネマの神様 ディレクターズ・カット」なる新しいもう一つの神様の物語まで生み出すなど、やっぱり彼女はただものではないのだ。

 そしてもちろん、出演者もほんのチョイ役に至るまで、すごい面々が顔をそろえている。

 映画が娯楽の中心で、観客総数が年間10億人(1人が年間10本の映画を観た!)という1950年代は、日本映画の黄金時代。撮影所が「夢の工場」と呼ばれていたその時代、山田洋次は松竹に入社した。だから、この映画の若き日のゴウ(菅田将暉)には、山田洋次監督がオーバーラップしてくる部分がある。

 親友で映写技師のテラシン(野田洋次郎)、撮影所近くの食堂の看板娘・淑子(永野芽郁)、原節子や田中絹代、岸恵子らを彷彿とさせるスター女優・桂園子(北川景子)らの青春群像を描く過去のパート。

 そして50年後の現代。無類のお酒好き、ギャンブル好きで、どうしようもないゴウ(沢田研二)、彼を支える妻の淑子(宮本信子)。娘の歩(寺島しのぶ)は失業しかけのシングルマザーで、その息子の勇太(前田旺志郎)はひきこもり。

 ギリギリの状況の中でも映画を愛して止まないゴウが通う名画座“テアトル銀幕”では、館主で盟友のテラシン(小林稔侍)が、いつも温かく迎えてくれる。

 2つの時代、過去と現在を結ぶのが、ゴウ、テラシン、淑子の三人。ただ単に“過去”と“現在”に分けることのできない時間軸を、どれだけ感じることができるかで、この映画への「のめり込み方」は変わってくるような気がする。

 リアルタイムでその時代を生きてきた人なら、この三人に自分の人生を重ね合わせることで、時の流れを愛おしく感じることができるだろう。若い人なら、ゴウの幻の監督デビュー作の脚本に新たな可能性を夢見る勇太のように、今を生きていることに前向きな価値を見出そうとするのかもしれない。

 ゴウが脚本に盛り込んだ、スクリーンからスターがこっち側に飛び出してくるという手法。古くはバスター・キートンの「キートンの探偵学入門」や、退屈な日常を送る客席の主婦・ミア・ファローのところへスターのジェフ・ダニエルズがスクリーンを抜け出してやってくる、ウディ・アレン監督の「カイロの紫のバラ」……そんなファンタジックな展開を山田洋次監督は最高に素晴らしいシチュエーションで用意してくれる。

©2021「キネマの神様」製作委員会

 もともと、志村けんが演じるはずだった現在のゴウ役、すでに撮影が始まっていた2020年3月29日、彼が新型コロナで亡くなり、さらには感染拡大防止のため撮影中断も余儀なくされた……。その後、親友の沢田研二が代役をかって出て、映画はやっと完成にこぎつけた。ザ・タイガースのジュリーから、「太陽を盗んだ男」(1979)での主演を経て、俳優としても映画やドラマや舞台でも活躍してきた、今年72歳の沢田研二。実に素晴らしい! まったくのダメ親父だけど、映画だけは愛して止まないというゴウ役は、心に残る名演だ。でも、もし、この役を志村けんが演じていたら……という思いはぬぐえない。そこここに、志村けんの幻を見てしまうのは、私だけではないだろう。

 若き日のテラシンを好演した野田洋次郎が、「撮影所のあの雰囲気を音にできないか」という思いで作った、RADWIMPS fest. 菅田将暉の主題歌『うたかた歌』も、心を打つ。

 そう、この映画のすべての細部に、キネマの神様は宿っているのだ。(増井孝子)

※ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』、「おたかのシネマdeトーク」より

©2021「キネマの神様」製作委員会