「準備はいい? 黒人のみんな!」

 スティーヴィー・ワンダー、ニーナ・シモン、B.B.キング、フィフス・ディメンションら若きアーティストが、1969年のNYハーレムに集結していました。50年以上封印されていた黒人音楽フェス「ハーレム・カルチュラル・フェスティバル」の映像を初めて明らかにする、映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』が8月27日(金)、全国ロードショーです。

 ウッドストックと同じ1969年の夏に160キロ離れた場所で開催された、もう一つの歴史的フェスティバル。「ハーレム・カルチュラル・フェスティバル」には30万人以上が参加したそうです。イベントの模様は撮影されていましたが、およそ50年も地下室に埋もれたままになっていました。

 この幻のフェスを、当時の社会を反映した記録映像と関係者の今の証言を交えて映画化したのがこの作品です。

 フェスに集まったのは、当時のブラック・カルチャーを牽引するミュージシャン、文化人、政治指導者たち。

 例えば、当時19歳だった若きスティーヴィー・ワンダーは、あふれる才能を叩きつけるように、ドラムソロを披露します。

 ニーナ・シモンが群衆に呼びかけます。

「美しき黒人たちの声を聞く準備は?」
「美しき黒人たちの心を感じる準備は?」

サブ3

 スライ&ザ・ファミリー・ストーン、B.B.キング、フィフス・ディメンション、デイヴィッド・ラフィン、グラディス・ナイト&ザ・ピップス……。

 ヒットチャートに並ぶ名曲たちを、パワフルかつ感動的に歌い上げています。

サブ4
メイン

 ゴスペル界からはエドウィン・ホーキンス・シンガーズらが次々と聞かせます。マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズは、前の年に暗殺されたキング牧師に熱唱を捧げています。

サブ5

 ブルース、ジャズ、ラテン、アフリカなどジャンルを超えた、黒人アーティストの連続パフォーマンス。ステージが進むほど観客が熱狂し、会場のボルテージがどんどん上がっていくのが伝わってきます。

 監督は、アミール“クエストラブ”トンプソン。異次元のようなフェスの熱狂を通じて自由や尊厳の価値を伝え、当事者の証言をミックスする編集で現代を生きる私たちに力を与えます。

 サンダンス映画祭でドキュメンタリー部門・審査員大賞と観客賞を受賞。分断の時代、あなたの魂(ソウル)を揺さぶる音楽ドキュメンタリー『サマー・オブ・ソウル』が8月27日(金)、公開。(SJ)

サブ6

◇映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』(原題:SUMMER OF SOUL(...OR, WHEN THE REVOLUTION COULD NOT BE TELEVISED)
上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

監督:アミール“クエストラブ”トンプソン

出演:
スティーヴィー・ワンダー ニーナ・シモン スライ&ザ・ファミリー・ストーン グラディス・ナイト&ザ・ピップス マヘリア・ジャクソン B.B.キング フィフス・ディメンションほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.