作家・村上春樹の短編小説を映画化、監督を濱口竜介が務め、西島秀俊、岡田将生、三浦透子、霧島れいからが出演する『ドライブ・マイ・カー』が全国公開中です。今作を、映画をこよなく愛するラジオパーソナリティー・増井孝子さんが解説します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「今年こそはノーベル文学賞を受賞するのではないか」と、毎年、期待され続けている村上春樹。著作の何作かは、今までにも映画化もされている。

 短編集『女のいない男たち』(2014)収録の『ドライブ・マイ・カー』に、『木野』と『シェエラザード』のエピソードも交えて、監督の濱口竜介と大江崇允が脚本を書いたこの映画。今年の第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、脚本賞のほか国際映画批評家連盟賞など4冠を達成する快挙を果たした。

 3時間、正確に言えば179分という長さで、「短編の原作がなぜこんな長尺の映画になるのか?」という疑問と、やはりビートルズの楽曲をタイトルにした『ノルウェイの森』の映画化があまりにも期待外れだったため、「またもやビートルズのタイトルの作品だけど大丈夫か?」という一抹の不安を抱えながら劇場に足を運んだのだが、なんと、これがとても素晴らしかった!

 正直、今年の私のBEST5には入るんじゃないかと思う作品。相変わらず、トップは『ノマドランド』なのだけれど、どちらも車が大きな意味を持つ。

 今年の第93回アカデミー賞で作品・監督・主演女優賞の3部門でオスカーに輝いた、クロエ・ジャオ監督の『ノマドランド』。初老の女性(フランシス・マクドーマンド)が身の回りの荷物を積み込んだ車で、季節労働者として町から町を渡り歩く、現代のノマド(遊牧民)としての生きざまを描いた。本物のノマドの人たちが出ていることで、ドキュメンタリーとフィクションの境目のファジーさでも話題を呼んだロードムービー。主人公のファーンが乗る車は“フォード エコライン”だった。

『ドライブ・マイ・カー』で、主人公の舞台俳優・演出家の家福悠介(西島秀俊)が乗っているのは、“サーブ900”だ。サーブはスウェーデンの航空機メーカー。日本ではちょっとマニアックかもしれないが、飛行機のフォルムを応用した独創的なデザインなどで人気だった。原作では黄色のコンバーチブルだが、映画では赤のサンルーフ付きになっていて、サンルーフから手を突き出してタバコを吸うシーンとか、広島から北海道までのロングドライブとか、印象に残る車のシーンが散りばめられている。

 車には乗る人の個性や趣味が反映される。そして、ファーンも家福悠介も、古い車を大切に乗っている。そこにはとても思い入れがあることがわかる。たくさんの思い出が詰まっていることもだ。大切なパートナーとの折々がそこにあるからこそ、手放せないでいるのだ。ファーンは経済的理由もあったかもしれないが、家福なら最新の車だって買えたはずなのに、年季の入った車を愛して止まない。未だにカセットテープしかない車で、脚本家の妻・音(霧島れいか)が吹き込んでくれた芝居の台詞を聴きながらドライブする……。

『ドライブ・マイ・カー』 8月20日(金)より、全国ロードショー! (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 広島の演劇祭に演出家として招かれたとき、主催者側の規則で手配され、家福の車の運転手となったのが渡利みゆき(三浦透子)。どこかとらえどころのない、無口で笑顔のない彼女は、心に大きな傷を負っているかのようだった。

『ドライブ・マイ・カー』 8月20日(金)より、全国ロードショー! (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 妻を突然の病で亡くし喪失感を抱えながら生きる悠介も、同じく心の傷、妻に対しての疑惑やわだかまりを抱えていた。

『ドライブ・マイ・カー』 8月20日(金)より、全国ロードショー! (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 車という決して向き合うことのない空間の中で、時間の経過とともに二人の距離感は変化し、後ろの席から助手席に座るようになる悠介。

 演劇祭の舞台を飾るのは、世界各国からオーディションを受けに来た俳優たちが、多言語で作り上げていくチェーホフの『ワーニャ伯父さん』だ。

 そのオーディションにやってきた俳優の高槻耕史(岡田将生)は、以前、「仕事でお世話になっている関係」で、音と一緒に悠介の舞台公演の楽屋を訪ねてきたことがあった。ここに現れたのは偶然なのか? 妻とは、仕事の上だけの付き合いだったのか? それとも……。

『ドライブ・マイ・カー』 8月20日(金)より、全国ロードショー! (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 見たくないもの、考えたくないこと、知りたくないけど知らなくてはならない、向き合わなければならないこと。逃げずに向き合うためには、わかり合うためには、言葉に出して伝え、相手の言葉を聴かなくてはならない。心を研ぎ澄ませれば、手話で語る韓国人女優イ・ユナ(パク・ユリム)の声さえも、聴こえたような気がした。

『ドライブ・マイ・カー』 8月20日(金)より、全国ロードショー! (C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

 カセットテープから流れる亡き妻の声、レコードの音、繰り返される本読みの台詞、車の走行音、シャッターの音……。赤のサーブ、海、犬、タバコ、氷の入ったウイスキーのグラス、雪、花……。すべての音やアイテムが意味を持つ、壮大な喪失と再生の物語。

 あのこだわりの村上春樹の小説からこの脚本へ、カンヌで脚本賞を獲ったのも納得。濱口竜介の傑作だ。(増井孝子)

※ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』、「おたかのシネマdeトーク」より