あなたはどんなときに映画を見ますか? なぜ映画を見るのですか? 高畑充希主演。閉館寸前の映画館を立て直そうと、若い女性が地元の人たちを巻き込んで奮闘する『浜の朝日の嘘つきどもと』が9月10日(金)、全国ロードショー。

 福島県・南相馬でおよそ100年、名画座として地元に愛されてきた映画館「朝日座」。しかし最近はシネコンに押されて経営が厳しく、支配人の森田保造は映画のフィルムを処分しようと燃やし始めます。

 火を着けた瞬間、背後から水をかけたのが若い女性・茂木莉子で、朝日座を立て直すために東京からやってきた、といいます。朝日座はすでに閉館することになっていて売り渡す相手が決まっています。

 莉子は「ここが潰れたら本当に困る!」と主張して、そのまま町に住みついて閉館を阻止しようと踏ん張ります。それは、「ある人との約束」が理由でした……。

サブ1

 主人公・莉子を演じるのは高畑充希。朝日座を手放そうとする支配人は柳家喬太郎。莉子の高校時代の教師が大久保佳代子です。

サブ5

 福島中央テレビ開局50周年記念作品として放送されたテレビドラマの前日譚としてこの映画が製作されています。

 2020年7月から8月にかけて映画とドラマが同時に撮影されました。高畑にとってコロナの影響で各作品の撮影が休止していたのが明けてから一作目がこの映画。ロケのため南相馬に長期滞在していた彼女は、空が広くておだやかな空気が流れる南相馬の雰囲気を好きになり、「休止明け一作目の作品がこれでよかった」と言っていたそうです。

 この言葉通り、のびのびと茂木莉子(ストーリー上、この名前はとっさについた嘘の名で、本当の名前は浜野あさひ)を演じています。

サブ3

 莉子の生き方に影響を与える茉莉子先生役、大久保の存在が実に印象的。タナダユキ監督は「大久保さんなら、ダメな大人の憎めない可愛らしさや、いざという時は大人として対応できる莉子に対する愛情深さも表現できるのでは」としてキャスティングしたそうです。

 作品の舞台は、南相馬市に実在する「朝日座」。1923年、芝居小屋として開館し、戦後は映画全盛時代の大衆文化を担いました。

 映画っていいよね、って感じられる映画『浜の朝日の嘘つきどもと』は、9月10日(金)、公開。(SJ)

メイン

◇映画『浜の朝日の嘘つきどもと』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

出演:
高畑充希
柳家喬太郎 大久保佳代子
甲本雅裕 佐野弘樹 神尾 佑 竹原ピストル
光石 研/吉行和子

脚本・監督:タナダユキ
主題歌:Hakubi「栞」(unBORDE)

配給:ポニーキャニオン
(C) 2021 映画『浜の朝日の嘘つきどもと』製作委員会