宝塚歌劇団OGの千城恵が、9月13日に放送されたラジオ番組『ビバ!タカラジェンヌ』(ラジオ関西)で、宝塚時代の思い出や現在の活動、来年開催する50周年コンサートなどについて語った。

 現在、歌とダンスのスクール運営やミュージカルの舞台作りを中心に、地元である姫路で精力的に活動し、子どもから高齢の方にまで関わっている千城。番組パーソナリティーの小山乃里子から「そのパワーはどこからわいてくるの?」と聞かれると、「小さい子どもや若い子からエネルギーを吸い取っている」と笑いを誘いつつ、「何と言っても地元姫路を元気にしたいという思いがあるから」と答えた。

 以前から小山に「痩せすぎ」と言われているというスラっとした体形については、「宝塚在団中は何をしても痩せなかった」と明かし、「細い姿に憧れて、サウナスーツを着ながら汗びっしょりで筋トレをしていたら筋肉がついて、そうすると筋肉が脂肪を燃やすので太らなくなった。運動は大切」と、美しさの秘訣を述べた。

 来年は舞台生活50周年を迎える。予定されているコンサートでやってみたいことを聞かれると、「おじいちゃんとおばあちゃんの姿から、上着をぱっと脱ぐと若者の姿になって踊りだす。宝塚時代に見た演出で好きだったそういうのをやりたい」と楽しそうに話した千城。

 50周年記念コンサートは2022年5月15日に姫路キャスパホール、5月29日には東京の千代田区立内幸町ホールにて開催される予定。

ビバタカ