女性漫才コンビ「紅しょうが」の熊元プロレスが、ラジオ番組「よしもと☆のびしろアワー『紅しょうがのきざまんといて!』」(ラジオ関西)の収録に、大遅刻した。

紅しょうが稲田(写真右)に怒られる紅しょうが熊元プロレス(写真左)

 番組冒頭、相方の稲田美紀から「今日は私1人で番組を始めることになりました。熊元さんが寝トチっております」と発表された。同番組の収録時間は午前10時。決して早朝という時間ではない。稲田は「普段こういうことは、あまり言わないようにしているんですけど……」と前置きした上で「こんなんばっかりなんです……」「【寝坊】【遅刻】【下痢】【尿漏れ】、これが熊元プロレスのルーティンなんです」と告白。コンビ間でもネタ合わせの時にどうしても遅刻をしてしまうので、午後2時から始めたいときは、午後1時に指定するなど、集合時間を1時間早めに逆算するルールもあるそうだ。

 今回、収録は熊元を待たずにスタート。遅刻の罰として、「スタジオ入りしたときに即興で一発ギャグをしてもらう」ことにして、稲田はそのまま番組の進行を1人で続けた。

 時間が経つこと45分、熊元は現れた。「遅刻で一発ギャグお願いします」といきなりムチャブリすると、戸惑いながらも「♪寝坊したけど、髪はサラサラ〜」とキメ、しっかりとスタジオの笑いを誘った。

 その後、熊元は謝罪をしつつも「漫画『ワンピース』の魚人島で人魚になる夢を見て、楽しくて出てこれなかった」「私が寝坊するときは、夢が楽しくて起きれなかったときだと覚えておいてください」などと謎の理由を述べたり、収録中も終始かみ倒すなどコンディションは最悪だったが、すべてうまく笑いに変えることでカバーしていた。

 いつか、大きな失敗をする前に、熊元の遅刻癖が直ればいいのだが……。