容疑者役が佐藤健、刑事役が阿部寛。「64 ロクヨン」の瀬々敬久が監督を務める、映画『護られなかった者たちへ』が10月1日(金)、公開。東日本大震災をめぐって、傷ついた人たちのエピソードを積み上げた、奥深い人間ドラマです。

 全身を縛られたまま“餓死”させられるという、異様な手口の連続殺人事件が発生。ここは東日本大震災から10年が経った仙台です。

 宮城県警の刑事・笘篠が捜査を開始、被害者の2人は多くの人から慕われる公務員で怨恨の可能性は低そうです。

 捜査は難航しますが、笘篠は、別の事件で服役し、刑務所を出たばかりの利根という男に行き当たります。

 利根は10年前、震災の避難所で、身寄りのない老婆・けいと、親を亡くした少女・カンちゃんに出会い、肩を寄せ合うように暮らしていました。

サブ③

 数年後にけいの生活が行き詰まり、利根はけいを連れて福祉保険事務所で生活保護を申請しますが、担当者のずさんな対応に激高して事務所に火をつけたのでした。

 今回の殺人事件の被害者2人はこの事務所の職員。笘篠は利根が起こした放火事件がこの連続殺人に関連する、と突き止めます。ところが利根は仕事先から姿を消し、行方が分かりません。

 警察の捜査が行き詰まる中、第三の事件が起きようとしています。実は笘篠は、震災で妻と子どもを失い、深い悲しみを抱えていました……。

サブ⑧

 キャストが豪華です。利根役が佐藤健。初の役柄として殺人事件の容疑者を演じます。彼を追う刑事・笘篠は阿部寛。このほか、清原果耶・倍賞美津子・吉岡秀隆・林遣都・永山瑛太・緒形直人ら実力ある俳優たちが顔をそろえています。

サブ①
サブ②

 コロナ禍でクランクインが延期されるなどスケジュールに苦労しましたが、地元・宮城県の人たちの協力で2020年6月から7月にかけてほぼオールロケで撮影されました。予告編の冒頭に出てくるシーンに注目が集まっています。

 利根役の佐藤が避難所の学校でもみ合いになる場面。水たまりができた泥だらけのグラウンドを見て、佐藤は波岡一喜ら共演者に「僕の顔を泥水に全力で突っ込んでください」と提案したそうです。当初の予定にはなかったのですが、佐藤が顔の半分を泥水に浸かりながら感情を爆発させて「ふざけんなー!」と絶叫するシーンが出来上がりました。

サブ④

 全身全霊で芝居に臨む佐藤の気迫がスタッフに伝わったエピソードです。佐藤は「人と人とのつながり、絆や愛を感じながら撮影したので、観た方に伝わればうれしい」と語っています。

 原作は中山七里。2018年に出版された同じタイトルの小説です。主題歌は桑田佳祐が2011年9月、被災者へエールを送るライブで歌った「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」です。

 社会派ミステリーとして作品を組み立てる瀬々監督の構成と演出で、登場人物の心情をていねいに描きます。胸打たれる骨太な作品。ラストシーンは驚きです。映画『護られなかった者たちへ』は10月1日(金)、全国公開。(SJ)

メイン

◇映画『護られなかった者たちへ』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
佐藤健 阿部寛
清原果耶 林遣都 永山瑛太 緒形直人
岩松了 波岡一喜 奥貫薫 井之脇海 宇野祥平 黒田大輔 西田尚美 千原せいじ 原日出子 鶴見辰吾 三宅裕司
吉岡秀隆 倍賞美津子

主題歌:桑田佳祐「月光の聖者達」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
原作:中山七里「護られなかった者たちへ」(NHK出版)

監督:瀬々敬久
脚本:林民夫・瀬々敬久
音楽:村松崇継

配給:松竹
(C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会