「WHY JAPANESE PEOPLE!?」のフレーズで一世を風靡したお笑い芸人でIT企業役員の厚切りジェイソン。メディアやSNSなどで語られる彼の投資術にはかねてより注目が集まっており、このほど書籍「ジェイソン流お金の増やし方」(ぴあ)を発売。自身の経験をもとに、徹底した節約術から投資術までをレクチャーしている。「かなり保守的」だと明かすジェイソン流の投資とはいったいどのようなものなのか、ラジオ番組の中で詳しく聞いた。

厚切りジェイソン

◆ジェイソン流投資術、まずは「支出の見直し」を!

――書籍の冒頭で『資産運用だけで”家族全員が安心して一生暮らせる資産”を15年で増やしました』と書かれていますね。

最近の流行りで言うとFIRE(早期リタイア)というやつですね。書いていることは事実ですが、皆さんが思うほどの(難しい)ことではないと思います。資産運用で生活できるようにするには、大事なことが2つあります。ひとつは”持っている財産”ですが、それよりもっと大事なのが”毎年の支出”ですね。支出が少なければ、資産があまりなくても投資はできる。ということを重視しているので……僕はかなりの節約家ですよ。

――では、支出のどのような点を見直せば良いのでしょうか?

多くの方は、どこにお金が行っているかきちんと把握できず、気付けばお財布がカラになっているんじゃないでしょうか。なんとなくコンビニに行って食べ物を買ったり、なんとなく自動販売機で飲み物を買ったり……そして、いつの間にかお金が減っている。それを防ぐため、どこにお金を使っているのか把握するのが大事ですよね。支出を見直して節約して、浮いたお金を投資にまわしましょう、ということです。

◆コロナ禍で「資産」に興味を持った人へ向けた1冊

書籍「ジェイソン流お金の増やし方」(著者:厚切りジェイソン 発行:ぴあ)より

――今回、なぜこのような本を出版しようと考えたんでしょうか?

資産運用を、みなさんに分からないよう僕だけが密かにやる、って必要はないと思うんです。みんなが知識を得て、皆で豊かになれば自由も得られて幸せになれると思うので。昔からこういう活動には力を入れていたんですよ、楽屋で先輩芸人に相談される事もありましたし。最近はコロナ禍の影響で多くの人が「資産」に興味を持つようになりましたし、お金のことをもっと考えた方が良いよねって流れになっている中、取材などで話す機会も増えましたし……興味を持つ人にとっては、人生に役立つ情報なのかもと思い今回本にまとめる事になりました。

――投資は「難しそう」というイメージがあるのですが、そういう人にも分かりやすく解説されていますね。

究極に簡単なやり方しか紹介していません!「投資は怖い」「やった事がない」「やり方が分からない」という方が、第一歩としてやりやすい方法を提案しています。

――あるいは「大損したらどうしよう……」という不安を持つ方もいますよね。

そういう(リスクの高い)やり方もあるので、気を付けなければいけない部分もあります。注意しなければミスしてしまう危険性もあるので、投資先を分散して長期的に少しずつ積み立てる方法を僕はオススメしたいです。僕自身、かなり保守的な投資家なんです。

ラジオ番組に出演した厚切りジェイソン

◆「お金」の話は家族でするべき?

――日本では、学校や家庭でお金の教育をする機会というのが少なく感じますが……。

アメリカでもお金の教育を必ずする、というわけではないんですが、個人的に家族でお金について話し合うのは非常に大事だと思います。僕には3人の娘がいるんですけど、子どもたちの前で「どこのスーパーの方が安いかな?」なんて夫婦で話しますし、子どもが何かを欲しいと言えばネットで調べて「もう少し待つと安く買えるよ」と話しています。お金を使う時、どうすれば節約になるのか実際に見せていますし、子どもたちが持っている貯金の残高をメモ帳で管理させて、毎年金利を支払っているんです。投資家と同じような形でお金の管理をさせて「お金がさらにお金を生む」という事を、若いうちから実感できるようにしています。

――先ほど「支出を見直す」という話がありましたが、一番実践しやすいのはどの部分なんでしょうか?

人それぞれではありますが、分かりやすいのは「固定費」ですね。毎月引き落とされるものがいくつかあると思うんですが、ジムの会費だったりサブスクリプションサービスの利用費だったり……使っていないものがあればすぐに解約した方が良いです。ただただもったいない。固定費の他には、通信費を安く抑える方法もありますよね、

◆投資は「自分の選択肢」を増やす手段

――家族が安心して一生暮らせるだけの資産を増やし、経済的自立に成功して良かったと感じる点はありますか?

FIREは「Financial Independence Retire Early movement」の略。つまり、経済的自立と早期退職を目標とする事です。よく誤解されるんですが、僕は早期リタイアに興味があるわけじゃないんです。仕事をせず楽して暮らすために投資しているわけではなく「自分の選択肢」を増やすため、お金に依存しない選択肢を持てる事が一番良かったと思える点です。「本当はやりたくないけど、お金がもらえるからこの仕事をする」という事がなくなって、本当に自分がやりたいと思った事だけに力を入れられるのが良いところですね。

――では最後に、メッセージをお願いします。

自分の将来は、今の行動で作り上げていくものです。投資もそうですが、自分がどうなりたいか考え、目標を決めて毎日少しずつ行動をはじめましょう!

「ジェイソン流お金の増やし方」(著者:厚切りジェイソン 発行:ぴあ)

■『ジェイソン流お金の増やし方』
著者:厚切りジェイソン
発行:ぴあ株式会社
発売:2021年11月12日
定価:1,430円(本体1,300円+税)

※ラジオ関西『PUSH!』2021年11月24日放送回より