誘拐犯と被害者の女子児童―心に傷を抱えるふたりが、15年経って密かに通わせる愛。切ないけれど繊細で純粋に結ばれている男女の生き方を描く物語。映画『流浪の月』が5月13日(金)、公開されます。

 主人公は、ファミレスでアルバイトをする20代半ばの女性・更紗(さらさ)。上場企業に勤める恋人・亮と一緒に暮らしていて、結婚間近です。ある地方都市で静かに生活しているのですが、更紗の名前はインターネットで検索すればすぐに出てくるほど有名です。

==サブ1 =

 15年前―更紗が10歳のとき、家に帰りたくないことから公園でひとりで本を読んでいました。雨が降ってびしょぬれになっている更紗を見かけ、19歳の男性・文が傘に入れてくれました。

「うち、来る?」

==サブサブ5 =

 もうひとりの主人公・文は孤独な大学生です。文は自分のアパートに更紗を連れて帰ります。

==サブ5 =

 更紗は父を亡くしたあと母が失踪し、伯母の家に引き取られていましたが従兄から嫌なことをされていて、家に戻りたくありません。文が食事を作ってくれたりゲームに付き合ってくれたりして、更紗は文の部屋にいると安心して楽しく過ごせました。

 ふたりは2か月間、共同生活をしていましたが、文が更紗を誘拐した容疑で逮捕されます。「更紗ちゃん誘拐事件」として世間は大騒ぎとなり、文は“ロリコン誘拐犯”、更紗は“被害者の女子児童”として注目が集まったのでした――。

==サブ4 =

 ある日、更紗は近くの隠れ家風のカフェに立ち寄ります。マスターらしき男性の姿を見て更紗はハッとします。

「え?」

 じっとマスターを観察します。間違いありません。かつて自分を誘拐したとして捕まった文でした。

 この日から更紗は、仕事帰りにたびたびカフェに行くようになりました。ところが文は自分のことに気づいているのかどうか分かりません。文は34歳になっているはずです。

 一方、更紗と同棲している亮は、更紗の行動を疑い始めます。また更紗は、文にいま恋人がいるのを知り、閉店を待って後をつけます……。

==サブ2 =

 原作は、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの小説です。

==●原作本画像 =
凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社刊)

 脚本を執筆し、監督を務めるのは李相日。

 現在の更紗を演じるのが広瀬すず、文役は松坂桃李。ダブル主演です。更紗の恋人・亮は横浜流星、文の恋人・あゆみが多部未華子です。

 役者たちの演じぶりは、震えるほど見事です。

 この作品は女の子を誘拐するというセンセーショナルな事件を題材にしていますが、物語はとても静かに進んでいきます。登場人物はいずれも心に闇と光を抱えるキャラクターですが、李監督のていねいな演出のもとでキャストたちがリアルを追求するセリフの吐き方と目の動かし方で複雑な心情を表現しています。

==メイン =

『パラサイト 半地下の家族』を手がけたホン・ギョンピョが撮影監督をしていて、美しい自然と登場人物の心模様をきめ細やかにスクリーンへ映し出します。

 2時間半の映画ですが長さは感じません。原作を読んだことがなくてもサスペンスの世界に没頭できます。映画『流浪の月』は5月13日(金)、全国公開。(SJ)

==●ポスター=

◇映画『流浪の月』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

出演:
広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子
趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子/柄本明

脚本・監督:李相日
原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)
撮影監督:ホン・ギョンピョ
音楽:原摩利彦
製作総指揮:宇野康秀

配給:ギャガ
(C) 2022「流浪の月」製作委員会