志尊淳・広瀬アリスと人気実力派声優が共演する映画『バブル』が、劇場に先行して動画配信サービスのNetflixで全世界配信され、いま劇場版が映画館で公開中です。

 重力を狂わせる泡「バブル」が世界各地で空から降り注ぎ、東京では重力が壊れました。水没してライフラインが断たれ、首都機能を失った東京から住民が逃げ出してゴーストタウンのようになっています。

 東京はついに居住禁止となり、不法滞在する少年たちの遊び場になりました。こうした若者たちは今回の“降泡現象”で身寄りを失っていて、ビルからビルへと駆け回る「パルクール」のチーム戦で競っています。

 主人公は渋谷を拠点とするチームのエース・ヒビキ。ヒビキは幼いころから特殊な聴力を持っていて、他人とのコミュニケーションが苦手です。

 ヒビキはある日、重力の歪んだ海へ落ちてしまいます。水中でもがき苦しむヒビキの前に、不思議な力を持つ少女・ウタが現れてヒビキを救い出します。

 驚異的な身体能力を持つウタは、ヒビキとチームのメンバーたちと一緒に暮らすことになります。彼らは、もともと海上保安庁の測量船だったボロボロの船を住みかとして生活していました。

 ヒビキとウタにはふたりだけに聴こえるハミングがあって、心の交流を深めます。こうした中、東京がまた降泡現象に見舞われます……。

 アニメ『進撃の巨人』を作った荒木哲郎監督とWIT STUDIOが、オリジナルアニメーションとしてこの作品を生み出しました。脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄です。

 主人公・ヒビキの声を志尊淳が演じています。荒木監督によると、アフレコの現場で志尊は、身体を動かした方がリアルな芝居を引き出せるとして、ひざまずいてみたりマイクを下の方に置いてみたりしたそうです。「いつものアニメのアフレコではしないような、身体で芝居できる環境をつくっていて、それがすごくハマったなと思っています」(荒木監督)。

 こうして志尊の声の収録を済ませた荒木監督は「穏やかな中に芝居への情熱と、高い技術が感じられました。繊細でちょっと近づきがたい主人公ヒビキを、見事に演じていただきました」と志尊を称えています。

 ヒロイン・ウタ役と主題歌には、TikTokやYouTubeで支持が広がっているりりあ。が抜擢されました。また、バブルを調査する科学者・マコト役は広瀬アリス。キャストはほかに宮野真守・梶裕貴・畠中祐・千本木彩花・井上麻里奈・三木眞一郎ら人気実力派声優たちです。

 スクリーンに広がる映像の美しさとパルクール場面の躍動、スピード感に圧倒されます。『バブル』劇場版はただいま公開中。(SJ)

◇映画『バブル』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

声の出演:
志尊淳 りりあ。
宮野真守 梶裕貴 畠中祐 千本木彩花 逢坂良太 羽多野渉 井上麻里奈 三木眞一郎 / 広瀬アリス

オープニングテーマ:「Bubble feat. Uta」Eve(TOY'S FACTORY)
エンディングテーマ:「じゃあね、またね。」りりあ。(VIA / TOY'S FACTORY)

監督:荒木哲郎
脚本:虚淵玄[ニトロプラス] キャラクターデザイン原案:小畑健 音楽:澤野弘之
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2022「バブル」製作委員会