ミニオンと怪盗グルーのはじまりのエピソードを描く『ミニオンズ フィーバー』が、7月15日(金)から全国ロードショーです。

 舞台は1970年代。ミニオンたちは11歳の少年・グルーをミニボスと崇拝し、一緒に暮らしています。

 グルーは改造高速自転車で小学校に通っています。夢は“スーパーヴィランになること”で、世界的な大悪党グループ「ヴィシャス・シックス」に憧れています。

 彼らは映画『ジョーズ』を観に劇場にやって来ました。ところが座席は満席。そこで、ミニオンズと少年・グルーは、オナラ爆弾を爆破させて席を占領します。こんなふうに彼らは日頃から悪だくみを繰り返しています。

 グルーは、ヴィシャス・シックスの新メンバー採用に応募します。ところが面接で子どものくせにと笑われ、腹いせにヴィシャス・シックスが持っている万能パワーを秘めた石を盗み出します。

 ヴィシャス・シックスの元リーダー、ワイルド・ナックルズはこの石を探していました。グルーを誘拐してしまいます。

 ミニオン4人・ケビン、スチュアート、ボブ、オットーは石を取り返してグルーを救い出そうとワイルド・ナックルズの屋敷に向かいます……。

 ミニオンは映画『怪盗グルーの月泥棒』(2010年)に初めて登場し、小さくて黄色いユニークな風貌のキャラクターが人気となりました。ミニオンが出演する映画は今作が通算5作目です。

 この『ミニオンズ フィーバー』はミニオンたちとボスのグルーの、はじまりの物語です。ミニオンがどのように少年グルーと出会って、手下としてどういうふうに絆が深まっていったのか? こうしたいきさつが描かれる“エピソード・ゼロ”のストーリーです。

 ミニオンの新キャラとして、オットーが出てきます。オットーは歯列の矯正中で、口元でたまに見えるワイヤーがチャームポイントです。

 私たちがミニオンズの愛らしさを感じる大きな要素は、何をしゃべっているのか分からないけれど部分的に聞き取れた気がする、ミニオン語ですね。

 今作では「仲間」とか「柿の種」という言葉を言っているように感じるのですが、このミニオン語の音声は世界共通なのだそうです。

 日本語吹き替え版ではミニオンたちがしゃべる言葉に日本語の単語を所どころ散りばめてアフレコしているのだろう、上映国ごとに音声を使い分けているのだろうと推測しましたが、実際はそうではなく、ミニオン語は現在、国ごとの吹き替えをしていないそうです。

 ミニオン語は、一説には英語・日本語・韓国語・中国語・フィリピン語・イタリア語・フランス語・スペイン語・ロシア語といった世界各国の言語が混じっているといわれ、映画を観た人は自国の言葉をほんの少しだけミニオンがしゃべった、と感じられるようになっているようです。

 一方のグルーですが、今回は少年の頃の物語ということで、日本語吹き替え版でグルーを演じる笑福亭鶴瓶さんはアフレコでいつもより高い声を出して少年を演じました。

 グルーを助けるため、ミニオンのケビン、スチュアート、ボブは、カンフーの達人で鍼灸院を開いているマスター・チャウに弟子入りして武術を習います。あの名作をリスペクトしたコスプレをミニオンがしている場面がかわいいです。

 音楽はディスコ全盛時代のアガる曲が次々と流れ、ミニオンたちにエネルギーを与えています。

 いま全国のショッピング施設でミニオンズのポップアップストアが期間限定でオープンしたり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで「ミニオン・カンフーダンス道場」が始まったりと、映画とのコラボが展開されていますので注目しましょう。

『ミニオンズ フィーバー』は7月15日(金)、全国公開です。(SJ)

◇映画『ミニオンズ フィーバー』(原題:Minions: The Rise of Gru)
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
スティーブ・カレル タラジ・P・ヘンソン ミシェル・ヨー RZA ジャン=クロード・ヴァン・ダム ルーシー・ローレス
ドルフ・ラングレン ダニー・トレホ ラッセル・ブランド ジュリー・アンドリュース アラン・アーキン ほか

日本語吹き替えキャスト:
笑福亭鶴瓶 市村正親 尾野真千子 渡辺直美 LiSA ほか

監督:カイル・バルダ
製作:クリス・メレダンドリ ジャネット・ヒーリー クリス・ルノー

配給:東宝東和
(C)2021 Universal Pictures and Illumination Entertainment. All Rights Reserved.