大滝詠一本人が歌う「夢で逢えたら」の7インチ・アナログレコードが8月3日(水)、完全生産限定盤としてリリースされます。

 この曲は大滝詠一が、コンポーザーネーム“大瀧詠一”名義で作詞・作曲したものです。数多くのミュージシャンがカバーしたスタンダードナンバーとして知られ、100曲を超えるカバーバージョンが存在するそうです。

 大滝が亡くなった後、大滝本人が歌ったセルフカバーバージョンが2014年に初公開されました。8月11日(木・祝)から全国で順次公開される映画『ぜんぶ、ボクのせい』のエンディング・テーマに決まり、7インチ・シングルでリリースされます。この映画の中で、「夢で逢えたら」は登場人物への共感を広げる重要な役割を果たしています。

 また、大滝詠一・佐野元春・杉真理によるNIAGARA TRIANGLEが1981年に発表したシングル曲「A面で恋をして」も同時に7インチ・アナログレコードとして発売されます。

◇「夢で逢えたら」7インチ・アナログレコード
発売日:2022年8月3日(水)
(収録曲)
A-1. 夢で逢えたら/大滝詠一
B-1. FUN×4/大滝詠一
品番:SRKL-3052
価格:¥1,800 +税
完全生産限定盤/透明盤仕様
Sony Music Studios Tokyoによる2022年版最新カッティング

「夢で逢えたら」収録CDアルバム:『BEST ALWAYS/大滝詠一』
品番:SRCL-8013〜4 価格:¥3,500+税

◇「A面で恋をして」7インチ・アナログレコード
発売日:2022年8月3日(水)
(収録曲)
A-1. A面で恋をして/NIAGARA TRIANGLE
B-1. イエローサブマリン音頭(特別変)/金沢明子
品番:SRKL-3051
価格:¥1,800 +税
完全生産限定盤
Sony Music Studios Tokyoによる2022年版最新カッティング

◇映画『ぜんぶ、ボクのせい』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

出演:
白鳥晴都 川島鈴遥
松本まりか 若葉竜也 仲野太賀 片岡礼子 木竜麻生 駿河太郎
オダギリジョー

監督・脚本:松本優作
エンディング・テーマ:大滝詠一「夢で逢えたら」(NIAGARA RECORDS)

配給:ビターズ・エンド
(C) 2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会