破産した町工場の息子と大企業の御曹司、同じアキラという名前の2人が、メガバンクに同期で就職します。池井戸潤原作、逆境に立ち向かう若者の姿を描く青春ストーリー、映画『アキラとあきら』が8月26日(金)、全国東宝系で公開されます。

 山崎瑛(ヤマザキ・アキラ)は、ベアリングなどの精密機械を作る町工場の息子です。アキラがまだ幼い1988年、父親の工場は銀行の融資を受けられず倒産し、家族で夜逃げします。

 一方、階堂彬(かいどう・あきら)は、日本を代表する大手船会社・東海郵船の長男です。あきらは親戚との軋轢や足の引っ張り合いに嫌気がさして、後継ぎになるのを拒絶します。

 時が経って2000年、偶然同じアキラという名前の2人は、東大を卒業して産業中央銀行に同期で入社します。

人事担当者「彼が山崎瑛、そして彼が階堂彬。この2人が今年の新入行員でずば抜けている2人です」

融資部長「アキラとあきら、か」

 山崎は、人を救うバンカーになりたいという熱い思いを抱いていて、どんな案件にも全力を尽くそうとします。

 階堂は、情を排除して冷静沈着に仕事をこなそうとします。

 2人の銀行員としての信念は真っ向から対立します。

 山崎は配属された支店で、取引先として地元企業の井口ファクトリーを担当し、融資を依頼されます。

井口社長「山崎さんだけが頼りなんです。なんとかお願いします」

山崎「ここでうちが融資しなかったら、資金繰りが確実に行き詰まります」

副支店長「だから? お前はなんだ、牧師かなにかか」

 確実な融資しか決済しない上司は、山崎の言うことに耳を貸しません。

 井口社長の娘は難病にかかっていて、手術資金を守ろうとした山崎の行動が銀行からマイナス評価を受け、山崎は地方へ左遷されます。

階堂「たったひと家族救ってそれで終わりか。人を温情で見ていたら必ず痛い目を見るぞ」

山崎「人を信用できない人間が人に金なんて貸せるのか」

 考えの合わない2人は反目し合いながらライバルとしてしのぎを削ります。

 階堂は順調に出世への道を進んでいましたが、2009年。

「もしもし、あきら。お父さんが!」

 階堂の父親が突然倒れて亡くなり、弟の龍馬が若くして父親の会社を継ぐことになりました。しかし龍馬は、グループ会社を経営する叔父たちに騙され、リゾートホテルへの投資をめぐる連帯保証として巨額の負債を抱えてしまいます。

 人事異動で営業本部へ戻った山崎は、親族の争いに目を背ける階堂を説得します。

山崎「このまま弟さんを放っておくのか。なんで逃げるんだよ、本当は助けたいんだろ」

階堂「お前になにが分かる!」

 このままなら階堂家の東海郵船グループは倒産し、社員と家族4800人が路頭に迷うことになってしまいます……。

 原作は、「半沢直樹」「陸王」などで知られる池井戸潤の小説です。2017年にはWOWOWで連続ドラマとして放送されました。

 映画版は山崎瑛を竹内涼真が演じ、階堂彬に横浜流星が扮するダブル主演です。

 今作はアキラ2人の少年時代からおよそ30年間が描かれるということで、台本の“配役”の欄には71人の名前が並びました。

 産業中央銀行で2人に憧れる若い銀行員が上白石萌歌、トップバンカーとしてリスペクトされる融資部長が奥田瑛二、アキラの提案に判を押さない厳しい上司が江口洋介、アキラが幼い頃にバンカーを目指すきっかけとなった銀行員は満島真之介です。

 階堂家の次男が髙橋海人(King & Prince)、社長として東海郵船を率いてきた父親が石丸幹二、叔父でグループ会社の社長がユースケ・サンタマリアと児嶋一哉です。

 キャストはほかに、塚地武雅・宇野祥平・戸田菜穂・野間口徹・杉本哲太・酒井美紀・山寺宏一・津田寛治ら、分厚い陣容です。

 主演の竹内と横浜は初共演ですが、2人とも2014年に特撮シリーズに出演していました。竹内は『仮面ライダードライブ』、横浜は『烈車戦隊トッキュウジャー』でそれぞれヒーローを演じていて、当時を振り返っています。

「撮影所のメイク室ですれ違って、“お疲れ様です”みたいのはあって……」(竹内)

「共演はなかったですが、そこで顔は合わせてましたね」(横浜)

 その後の出演作を互いに見ていて、今作の撮影現場ではこうした話で盛り上がったそうです。

 竹内は横浜について、「目を見たときから熱量を感じて、心からぶつかってくれる方だと分かったので、安心感がありました。お互いスポーツをやっていたからなのか、すごく感覚が合うなと感じる瞬間がたくさんありました」と印象を話しています。

 また横浜は竹内に対して「すごくフランクで楽しい方。作品に対して真摯で、熱くて、頼もしいだなっていう印象です。“この人についていこう”ってなる。みんなを引っ張る力を持ってる方だなっていう印象を受けました」とリスペクトを語りました。

 階堂彬の弟・龍馬を演じたKing & Princeの髙橋海人はもともと竹内と交流があり、「がんばろうね」と声をかけ合っていたそうです。龍馬は兄に劣等感を抱きながらも対抗心を燃やすキャラクターなのですが、竹内は高橋の演技について「ホン読み(台本の読み合わせ)のときから一生懸命龍馬の人物像を工夫して探していて、葛藤しながら向き合われていたので、陰ながらエールを送っていました」と明かしています。一方、横浜は高橋とも初共演ですが「人懐こくて感受性豊かで、誰からも愛されるかわいらしい子だなっていう印象でした」と称えています。

 監督は『今夜、世界からこの恋が消えても』『TANG タング』に次いで今年3作目の公開となる三木孝浩です。

 今作は、場面ごとの色合いに仕掛けがあって、山崎のシーンは暖色系、階堂のシーンは寒色系でまとめられています。では、アキラとあきら、ふたりが同時にいるシーンはどんな色なのか。それは劇場でご確認ください。

 育った環境も性格も対照的な2人が目の前の難題を克服するため戦う姿に勇気づけられます。映画『アキラとあきら』は、8月26日(金)公開です。(SJ)

◇映画『アキラとあきら』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
竹内涼真 横浜流星
髙橋海人(King & Prince) 上白石萌歌/児嶋一哉 満島真之介 塚地武雅 宇野祥平
戸田菜穂 野間口徹 杉本哲太 酒井美紀 山寺宏一 津田寛治
徳重 聡 矢島健一 馬渕英里何 山内圭哉 山村紅葉 竹原慎二 アキラ100%
奥田瑛二 石丸幹二 ユースケ・サンタマリア 江口洋介

原作:池井戸潤『アキラとあきら』(集英社文庫刊)
監督:三木孝浩
脚本:池田奈津子
音楽:大間々昂

配給:
(C)2022「アキラとあきら」製作委員会