吉本興業のお笑いコンビ「からし蓮根」(杉本青空・伊織)が水曜パーソナリティを務めるラジオ番組『Clip』(ラジオ関西、月−木午後2時30分〜)で、後輩のお笑いコンビ「爛々」の大国が福岡で起こした騒動について語った。

 先日、福岡の劇場での仕事があったというからし蓮根の2人。そこで青空は、爛々・大国がやらかしてしまった一部始終を目撃したという。まず、大国は劇場の楽屋で時間を潰している際に、彼女の先輩芸人に当たるドーナツピーナツ・ピーナツから昼食に誘われたという。その際、大国はあまり空腹ではなかったようで曖昧な返事を続け、最終的にはその誘いを断る形になったという。

 その後、大国がしばらく楽屋に滞在していると、そこに訪れた先輩のさや香・新山から再び昼食に誘われてしまうことに。そこでまたしても大国は曖昧な返事をして、あまりお腹が空いていないということを新山に伝えると、新山からも「俺もそこまでお腹が空いているわけではない」という返答が。

 そこで、2人は何か軽い食事を摂ろうということになり、結局寿司屋が行き先の候補として挙がると、大国は「行きます!!!」と感激さえした様子で快く返事。しかし、寿司屋に行ってみるとさきほど誘いを断った先輩のピーナツと鉢合わせてしまったという。

 青空はその後、食事から戻った一同によって「大国がどういうつもりだったのか」という趣旨の裁判が執り行われたところまで目撃したと振り返った。

 また福岡での仕事の後、同じく福岡にある水族館の「マリンワールド海の中道」に訪れたという伊織。「イルカショー」か「イワシショー」のどちらを観るか迷った結果、イルカショーの人の多さを避けて“イワシ”のショーを観ることにしたという思い出を振り返った。

 最初はそこまでイワシに期待をしていなかった伊織だったが、実際に観たところ「イワシは食べ物じゃない」「もうイワシ二度と食わん」と語るほど、予想以上の感動を得られたことを明かした。

※ラジオ関西『Clip水曜日』2022年9月21日放送回より