現代の中国で自立して働きたい女性をめぐる理不尽を描く、映画『シスター 夏のわかれ道』が11月25日(金)、全国公開されます。重いテーマですが、コミカルな表現を盛り込みながら身近な物語としてつづっています。

 映画の舞台は、中国四川省の中心都市・成都です。

 アン・ランは看護師として忙しい日々を送っています。彼女は医者を目指していて、北京の大学院へ進学しようと仕事の合間にも猛勉強をしています。

 ある日、両親が交通事故で突然亡くなります。彼女の弟だという6歳の男の子・ズーハンと生活することになりました。

 アン・ランは高校を出るとすぐに実家を離れ、学費と生活費を稼いでひとりで生きてきました。両親とは疎遠になっていました。彼女が大学生のときに生まれたのがズーハンで、アン・ランは今まで自分に弟がいるのを全く知りませんでした。

 アン・ランはズーハンを養子に出すことにします。里親が見つかるまで仕方なく面倒をみるのですが、年が20歳も離れているズーハンに自分の弟だという実感が湧かず戸惑います。

 ズーハンは両親が死んだことを理解できず、ワガママばかりです。朝食で「肉まんが食べたい」と言って泣き出し、気に入らない弁当をベッドに撒き散らします。

 アン・ランは一人っ子政策のもとで生まれましたが、両親は男の子を望んでいました。父親はアン・ランに厳しく、暴力をふるうこともありました。一方でズーハンは待望の長男として愛情を受けて育ちました。

 父方の伯母はアン・ランにこう言います。

「夢なんか捨てて弟を育てなさい」

 伯母はアン・ランの父親の妹で、家を継ぐ兄のために自分の進学をあきらめました。こうした経験をもとに「姉なら弟のために我慢すべきだ」と考えています。

 アン・ランの暮らしは弟に振り回され、人生計画が狂い始めました。同じ職場にいる恋人は、彼女の様子を見てピントはずれの助けを出して、イライラさせます。アン・ランのストレスは限界です。

 こうした中、知人からズーハンの里親候補となる夫婦を紹介されます。裕福そうで物腰が柔らかく、ズーハンを気に入ってくれたようです。

 ところが親戚たちはこれを破談にさせようと結託し、姉が幼い弟を養育すべきだ、とアン・ランを責め立てました。

 アン・ランには、だんだんと弟を思いやる気持ちが生まれ、母親のような感覚も芽生えていきます。北京で医者になるという固い決意が揺らぎ始め、彼女は葛藤します……。

 この映画の背景にあるのは一人っ子政策です。中国で急激な人口増加を抑えるために1979年から2015年まで行われたもので、夫婦1組につき子どもは1人までと制限され、違反すると厳しい罰則や重い罰金が科されました。第一子が非遺伝性の身体障がいを持つ場合は例外的に第二子の出産が認められることがあったということで、今作にはアン・ランが役場の職員の前で障がい者のふりをするように父親から命じられるシーンが出てきます。

 現代の中国でも、家を継ぐのは男だとして男子を尊重する伝統が根強く残っていて、高齢者福祉が十分でないことから「老後は子どもに面倒をみてもらいたい」と考える親が多いそうです。娘は将来結婚して親元を離れてしまうため、男の子が生まれるのを望む傾向が大きいと指摘されています。

 今作への共感が家父長制に影響を受けている女性ら若者を中心にSNSで広がり、中国で興行収入170億円を超えました。2021年に公開されたのですが、同時期中国公開のハリウッド作品を超える大ヒットです。

 主人公のアン・ランに扮するのはチャン・ツィフォン。中国で次の世代を担うスターで、四川省成都の方言を完璧にマスターして撮影に臨んだそうです。弟のズーハンを演じる子役はダレン・キムで映画初出演。撮影当時は4歳半でしたが、6歳の役柄として自然な演技を披露しています。

 監督はこれが2作目のイン・ルオシン。彼女は今作に“自分の人生は自分で選ぼう”というメッセージを込めたといいます。

 深刻な社会問題を扱いながら、重くなりすぎないよう工夫され、物語を身近に親しみやすく感じられるよう描かれています。映画『シスター 夏のわかれ道』は11月25日(金)、公開です。(SJ)

◇映画『シスター 夏のわかれ道』(原題:我的姐姐)
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

出演:チャン・ツィフォン シャオ・ヤン ジュー・ユエンユエン ダレン・キム

監督:イン・ルオシン 脚本:ヨウ・シャオイン

配給:松竹
(C)2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved