明治初期に神戸で創業、日本一の総合商社として一時代を築いた「鈴木商店」の歴史を後世に伝えようと、神戸市と総合商社の双日(東京都)が協力、2023年春、同商店を題材とした演劇や講演会など、さまざまな催しを行う。

 鈴木商店は1874(明治7)年、神戸・弁天浜で砂糖引取商としてスタート。女主人、鈴木よねと番頭の金子直吉が事業を拡大させ、1919(大正8)年には、当時のGNPの1割相当の年商に。世界に名だたる日本一の総合商社となったが、金融恐慌などの影響で1927(昭和2)年に経営破綻した。

 破綻はしたものの、同商店を源流とする企業は、双日をはじめ神戸製鋼所、帝人など現在も多数存在。鈴木よねを主人公とした小説「お家さん」(玉岡かおる[加古川市在住]著、新潮社、2010年)や同タイトルのテレビドラマ(天海祐希主演、読売テレビ、2014年)など、その劇的な歴史はたびたび作品化されてきた。

 今回の催しの目玉となるのは、舞台演劇「彼の男 十字路に身を置かんとす」で、金子直吉の指示を受けた社員が世界中を駆け巡り、次々と事業を立ち上げていくストーリー。双日などが支援して上演する。神戸市は上演に合わせて「神戸港と鈴木商店を語る会」を開催するほか、「鈴木商店ゆかりのまち歩き」、関連の資料、図書の展示なども行う。

 双日の藤本昌義社長は「鈴木商店の物語はさまざまな示唆に富み、次世代を担う若者たちに勇気を与える。歴史を知ってもらい、未来に向けて考える種になれば」と期待を寄せる。神戸市の久元喜造市長は「鈴木商店が神戸でビジネスを展開していた時代は、第一次世界大戦やスペイン風邪流行もあり、大きなリスクに挑戦していた時代でもあった。商店を担った人々、当時の神戸経済の姿からも、学ぶべきものがたくさんあると思う」と話した。