佐藤正午の直木賞作品を実写映画化。それぞれ主役級のキャストが共演しています。映画『月の満ち欠け』が、12月2日(金)に全国公開されます。

 主人公は、大企業に勤めるサラリーマン・小山内堅(おさない・つよし)です。妻の梢(こずえ)とは1980年に結婚しました。翌年に娘・瑠璃(るり)が生まれて順風満帆な人生を送っています。

 瑠璃が7歳のとき、親に無断で突然いなくなりました。小山内と梢は、どこかで事故に遭ったのか、それとも事件に巻き込まれたのか、と不安を抱きながら必死に探します。警察から連絡があり、瑠璃が見つかりました。瑠璃は東京の高田馬場のレコード店にいました。ひとりで電車に乗って出かけていったようです。店員によると瑠璃はモニター画面で古い映画を観ながらおとなしく過ごしていたそうです。

 小山内は、高校を卒業するまではひとりで遠くへ出かけてはいけないよ、と瑠璃を諭しました。

 妻の梢は、瑠璃のことを心配し、小山内に訴えます。

「最近の瑠璃は何だか別人になったみたい。髪をかき上げる仕草や歌っている歌が妙に大人びているの。気味が悪いの」

 小山内は、「学校で仲のいい友だちの影響を受けているんじゃないか? 気にすることないよ」と梢をなだめました。

 月日が流れ、瑠璃は18歳になり高校の卒業式を済ませました。瑠璃は、梢が運転する車で一緒に出かけますが、途中で事故に遭い、ふたりとも命を落としてしまいます。

 家族を一度に失って、小山内は会社を辞めました。実家の青森へ戻って漁業の仕事に就いています。

 深い悲しみに沈む小山内のもとに、カメラマンの三角(みすみ)という男性が訪ねてきました。

「どちらさまですか」
「突然申し訳ありません」

 お線香をあげたいということで、小山内は三角を招き入れます。三角は仏壇の前で手を合わせたあと、小山内に話し始めました。

「おふたりは、僕に会いに来る途中で事故に……」

 梢と瑠璃が事故に遭った日、瑠璃は面識のないはずの自分に会いに来ようとしていた、と三角は言いました。

「瑠璃が君に会いに?」

 瑠璃は自分が20歳のときに大恋愛をした女性=名前が同じ“瑠璃”=の生まれ変わりだったのではないかと思っている、と三角が言いました。

 小山内は怒ります。

「いったい君は何を言いたいんだ」

 自分の娘が、いま目の前にいる男の恋人の生まれ変わり? 小山内はそんな話を信じられるわけがありません。

「私の娘は、君が言う女性とは何の関係もないっ」

 それから数年が経ち、今度は瑠璃が高校生の頃に親友だったゆいから小山内に連絡がありました。ゆいは、瑠璃が高校時代に描いていた肖像画を探してほしい、というのです。瑠璃は美術部に所属していて、瑠璃が当時描いた作品を小山内は保管していました。

 その肖像画に描かれていた人物は……。

 原作は累計発行部数56万部を超える佐藤正午のベストセラーです。2017年に直木賞を受賞しました。

 脚本は『ビリギャル』『こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話』『そして、バトンは渡された』など幅広いジャンルを手がける橋本裕志です。

 幸せな暮らしから一転、妻子を亡くして不思議な運命に巻き込まれる主人公・小山内堅を大泉洋が演じます。小山内の妻・梢は柴咲コウ、娘・瑠璃は菊池日菜子です。

 ふたりが事故で他界したあと小山内を訪ねる三角は目黒蓮(Snow Man)で、三角の元恋人で小山内の娘と同じ名前のヒロイン“瑠璃”が有村架純です。

 そのほか“瑠璃”の夫に田中圭、小山内の娘の親友・ゆいに伊藤沙莉が扮しています。

 監督は、『ノイズ』『夕方のおともだち』『あちらにいる鬼』『母性』に続き、今年の公開作品5作目となる廣木隆一です。

 三角と“瑠璃”が恋に落ちたのは1980年12月8日の雨の日でした。同じ1980年12月8日に小山内と梢が結婚し、1981年に娘の瑠璃が生まれました。関係ないはずの彼らの人生が、“瑠璃”という名前の女性をめぐって奇跡を呼び起こすラブストーリーです。

 物語が始まる1980年という時代を象徴する楽曲として、劇中にはこの年に発売されたジョン・レノンの「Woman」が使われています。

 何気なく交わされる会話ひとつひとつが、のちの場面で意味を持ちます。映画『月の満ち欠け』は、12月2日(金)公開です。(SJ)

◇映画『月の満ち欠け』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
大泉洋 有村架純 目黒蓮(Snow Man) 伊藤沙莉 / 田中圭 柴咲コウ
菊池日菜子 小山紗愛 阿部久令亜 尾杉麻友 寛一郎 波岡一喜 安藤玉恵 丘みつ子
原作:佐藤正午「月の満ち欠け」(岩波書店刊)
脚本:橋本裕志
監督:廣木隆一
音楽:FUKUSHIGE MARI
劇中曲:John Lennon「Woman」(ユニバーサルミュージック)

配給:松竹
(C)2022「月の満ち欠け」製作委員会