神戸市灘区の六甲山にある六甲高山植物園では、純白の鳥が羽ばたいているかのような花を咲かせる「サギソウ」が見頃を迎えている。

サギソウ
サギソウ(写真提供:六甲高山植物園)

 サギソウは湿地に生えるランの仲間で、高さは20センチから40センチほど。白鷺が羽を広げて飛ぶ姿に見えることからこの名前がついた。その美しさは自然が生んだ芸術といわれる。かつては湿地でよく見られたが、開発が進むにつれて減少し、環境省のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に分類されている。六甲高山植物園では、今年は開花が少し遅かったというものの、8月下旬から、3センチほどの花が水辺で咲き始めた。見ごろは9月中頃までという。

 秋の花も咲き始めている。

 湿地に咲くリンドウ科の「アケボノソウ」。直径2センチほどの花には無数の紫の点があり、そこに大きな黄色い点が浮かんでいるように見える。これを明け方の空に見立てて「曙草」と名付けられた。10月上旬までが見頃。

アケボノソウ
アケボノソウ(写真提供:六甲高山植物園)

 また、六甲高山植物園内のロックガーデンで、ピンク色の花を咲かせているのが「アサマフウロ」。日本産のフウロソウの仲間で、群落を作って咲く様子は華やかだ。見頃は9月下旬ごろまで。

アサマフウロ
アサマフウロ(写真提供:六甲高山植物園)