10月に劇場映画が公開される予定の人気アニメーション「鬼滅の刃(きめつのやいば)」に登場するキャラクターを複製して作成された海賊版フィギュアをインターネットオークションで無断で販売したとして、兵庫県警は24日、神戸市中央区居住、中国籍のアルバイトの男(33)を著作権法違反容疑で逮捕した。

 男は「間違いありません」と容疑を認めているという。

「鬼滅の刃」海賊版フィギュア(2020年9月24日・兵庫県警本部)
「鬼滅の刃」正規品と海賊版フィギュア  京都・秋田でも摘発された(2020年9月24日・兵庫県警本部)

 男は2020年4月〜5月、 「鬼滅の刃」に登場する主人公「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」などのキャラクター6体を許可なく複製したものを兵庫県明石市や京都府福知山市・宇治市に住む男性3人にインターネットオークションで計約1万3,000円で販売し、著作権を侵害した疑い。捜査関係者によると 、登場するキャラクターのフィギュアは国内では販売されておらず、中国で製造されたものを不正に入手していたとみられる。

「鬼滅の刃」海賊版フィギュア
フィギュアは中国から入手か 日本国内では非売品

 「鬼滅の刃」のグッズをめぐっては、登場するキャラクターが描かれた偽のスマートフォンケースを販売した男が6月に福島県警に逮捕されている。