神戸市北区の宅配物配送センターで6日、男女2人が死傷した事件で、兵庫県警は28日、元パート従業員の男(46)を女性従業員(47)に対する殺人容疑で再逮捕する。捜査関係者への取材でわかった。

女性刺殺事件の現場となった宅配物配送センター(2020年10月6日 神戸市北区山田町小部)
女性刺殺事件の現場となった宅配物配送センター(2020年10月6日 神戸市北区山田町小部)

 男は6日、犯行後に車で逃走し、110番通報を受けて駆けつけたパトカーにぶつかるなどしたとして公務執行妨害の現行犯で逮捕されていた。その後、 男性従業員 (60)を殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で再逮捕された。

兵庫県警本部
兵庫県警本部

 男は事件前日の5日午前、男性従業員から「荷物の扱いが雑だ」と言われトラブルになり、女性が仲裁に入ったという。男はその日のうちに職場を解雇された。動機について「一番の原因は(被害者の)2人とのトラブルで、これが原因でクビになった。2人を殺すつもりでした」と容疑を認めている。また「5日夕方にホームセンターで包丁2本と木製バットを買った」と供述しているという。
 
 一方、配送センター側は男について「事件が起きるまでにも、日常の勤務態度に問題があった」と話した。

 再逮捕容疑は6日未明、 配送センターの駐車場で出勤直後の女性従業員の脇腹を刃物で刺して殺害した疑い。捜査関係者によると、女性は包丁で腹部を中心に10回以上刺されていたという。