11月1日、大阪市を廃止し、4つの特別区(淀川、北、中央、天王寺)に再編する「大阪都構想」の住民投票(大阪市を廃止し特別区を設置することについての投票)が行われる。

決断できるのは大阪市民のみ 推進派・反対派、多くのリーフレットが手元に
決断できるのは大阪市民のみ 推進派・反対派、多くのリーフレットが手元に
「府市合わせ(=不幸せ)」の象徴
1990年代にわずか10センチを競った「府市合わせ(=不幸せ)」の象徴

 大阪都構想は、2010年に結党した大阪維新の会が公約に掲げた。住民投票は2015年5月に約1万票差で否決されて以来、2度目。二重行政を廃止し、大阪市が手掛けていた都市計画やインフラ整備などの広域行政を大阪府に一元化し、教育や福祉といった住民サービスは新たに設置する特別区が担う。

 都市開発で大阪府と大阪市は見苦しい争いがあった。象徴的だったのは、1990年代に建設された大阪市の旧「大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)」(大阪市住之江区)と、府の「りんくうゲートタワービル(GTB)」(泉佐野市)。高さはWTCが256.0メートル(1193億円)、GTBが256.1メートル (659億円) で、わずか10センチを競ったとされている。 総額約1800億円という税金が費やされた。これが 「府市合わせ(=不幸せ)」と揶揄(やゆ)される一因となった。

「りんくうゲートタワービル」(泉佐野市)
「りんくうゲートタワービル」(泉佐野市)
旧「大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)」(住之江区)
旧「大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)」(大阪市住之江区) 現・大阪府咲州庁舎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■大阪市北区・天神橋筋商店街 自営業男性(40代)・・・反対 『5年前はそれでよかった』

北区・天神橋筋商店街
北区・天神橋筋商店街

都構想、というか大阪市の廃止、大阪市自体がなくなったり、他の区の方が地名が少し変わることについては私は何とも思いません。実は5年前は賛成してました。当時は橋下(大阪市長)さんの大号令で、ひとつの熱みたいなものを感じて、勢いで「何か変わるのかな」という漠然とした気持ちでしたが、いま考えると、行政の内部では何かとスムーズになるでしょうが、市民の生活が変わるかというと疑問に思います。

特にコロナの影響は、私たち商売をする身には本当に辛い。経済状況が読めない中、イニシャルコスト(庁舎やシステムの整備などにかかる初期費用)は我慢して・・・、結局税金が上がると本当に立ち行かないです。そのままにしてほしいというよりは、無理して東京と肩を並べるようなことはしてほしくない。大阪・東京、それぞれの持ち味がある。大阪の4区と東京の23区、規模が違いすぎます。

都構想反対派のポスター
都構想反対派「大阪市廃止への市民の危惧」受け止め

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■大阪市中央区・難波駅前 会社員女性(30代)・・・賛成 『大阪市の解体、始まっている?』

中央区・難波駅前
中央区・難波駅前

5年前は興味なかったし、はっきり言って理解できなかったです。都構想と言っても何をしたいのかがわからない、というような感じでした。例えば大阪府立大学と大阪市立大学が統合して「大阪公立大学」(2022年設置予定)になったり、大阪市営地下鉄や市バスが民営化して、メトロとシティバスに変わったり。もう大阪市を解体する動きは始まってるように思います。

同じような超高層タワーを競い合って建てたりして、バブル期の負の遺産として結局は本来の目的を達成できずに税金を無駄遣いをしたのが若い世代への負担としてのしかかってくるのは嫌ですね。確かに、いま松井(大阪市長)さんと吉村(大阪府知事)さんが同じ維新の会で、同じ方向を向いているからいいものの、そうじゃなくなったら、またかつての内向きな、机の下で蹴り合う大阪市と大阪府に戻るような気がします。そうなると住民に何ひとつメリットがありません。変えるべきところは変えないと。

都構想推進派ポスター
都構想推進派「終盤に危機感と焦り」も見え隠れ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大阪市選挙管理委員会によると、期日前投票者・不在者投票者数は36万9027人(10月30日・午後9時現在)。有権者の16.5%がすでに投票を終えている。コロナ禍で下す大阪の選択、「府市合わせ(=不幸せ?)」への市民の2度目の審判は最終局面を迎えた。11月1日、投票時間は午前7時〜午後8時。即日開票される。

大阪市内に365か所の投票所を設置 有権者は約223万人
大阪市内に365か所の投票所を設置 有権者は223万6504人(10月12日現在)

 1日の住民投票、1票でも賛成が反対を上回れば2025年1月1日に大阪市は廃止される。反対多数か賛否同数の場合は現状維持、都構想は実現しない。廃止されれば、1956年に始まった横浜・名古屋・京都・大阪・神戸の5つの政令市のうちで初めて消滅することになる。現行法では、大阪市が廃止された場合、元の政令市に戻すことはできない。

「大阪市廃止・特別区設置住民投票」PR広告(大阪メトロ・梅田駅)
「大阪市廃止・特別区設置住民投票」PR広告(大阪メトロ・梅田駅)

 「大阪市廃止・特別区設置」賛成か、反対か・・・。大阪市民だけに課された重要な選択、もう後戻りはできない。1日深夜には結果が判明する。