尼崎市で3日、特定抗争指定暴力団・神戸山口組傘下組織の組長(64)と幹部(61)が拳銃で撃たれた事件で、11日午前、兵庫県警・尼崎南警察署に男が出頭し、事件への関与をほのめかした。兵庫県警はこの男が事件現場から逃げたもう1人の共犯者とみて調べ、「尼崎の件は私もやった」と供述したことや、防犯カメラの映像の解析などから容疑者と判断、殺人未遂容疑で逮捕した。

出頭した兵庫県警・尼崎南警察署
出頭した兵庫県警・尼崎南警察署

 逮捕されたのは、神戸山口組と対立する特定抗争指定暴力団・六代目山口組直系組織の組員(54)。事件をめぐっては、2人組の男が発砲後に現場から逃走、六代目山口組直系組織の幹部(52)が出頭、兵庫県警に殺人未遂容疑で逮捕された。事件に使用されたとみられる回転式拳銃1丁は8日に神戸市長田区の新湊川で見つかり、兵庫県警が押収している。