「ステイホーム」が新しい生活スタイルとして取り入れられる中、現役海上保安官の実演で「船飯」のレシピを知ってもらおうと制作した「明日への活力、みなぎる元気!! 海保の元気飯」のYouTube動画が公開されている。企画・制作は第5管区海上保安本部(神戸市中央区)の総務課の1セクション、広報・地域連携室の若手職員と保安官。管轄区域は主に太平洋に面した近畿・四国の7府県(兵庫・大阪・奈良・和歌山・滋賀・徳島・高知)。巡視船など47隻、航空機5機、職員約1100人でこれらの広い海域を守っている。

堺海上保安署・主計士補 山田望世さん
今回登場の“船の料理人”堺海上保安署・主計士補 山田望世さん(画像提供・第5管区海上保安本部)

「ラジトピ」でも2020年8月〜9月に計3回取り上げたが、神戸の庁舎で広報活動を担う若手職員らは、今回の料理を「全国各地で新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、お正月をご自宅でゆっくりと過ごされている方も多いかと思います。お正月料理でまったりとした口にピッタリした料理で、2021年のスタートを迎えてみてはいかがでしょうか?」というコンセプトで「ラジトピ」にアプローチした。

堺海上保安署巡視船「みのお」
堺海上保安署巡視船「みのお」日本の滝百選にも選ばれた箕面の滝から命名(画像提供・第5管区海上保安本部)

 新年の「海猿たちの元気メシ」は堺海上保安署(大阪府堺市)から、千利休ゆかりの「わび・さび」をモチーフにした。これには大きな理由がある。

みのお調理室で
「レパートリーを増やす秘訣は、料理のリメイク」(画像提供・第5管区海上保安本部)

「ものの始まりなんでも堺」と言われるように、貿易都市・商業都市として栄えた堺は、日本の文化の先進都市としても名をはせた。なんでも堺がはじまりだというのが堺の自慢。鉄砲、自転車、菱垣廻船、木造洋式灯台etc…諸説あるが、技術・文化の発信地であった中世以降の堺で生まれた多くのものが、堺の職人・商人が全国各地に活動の場を広げることに伴って全国に広がったとされる。堺の隆盛ぶりに驚いた宣教師・ザビエルらは「東洋のベニス」と絶賛。

 こうした歴史を踏まえて、堺海上保安署巡視船「みのお」主計士補・入庁5年目、山田望世(みつぎ)さん(25)が、これまでにない船飯として考案したのが「利休丼」と「抹茶わらび餅」。山田さんに苦労話を聞いた。

・・・・・・・・

趣味は読書という山田主計士補 
趣味は読書という山田主計士補 勤務を離れ、落ち着くコーヒータイム

 堺の名産品を使ったほうがいいのか、堺の名物をモチーフとした料理にするのか、和食・洋食・イタリアン・フレンチなど、悩みに悩んだ末、上司である堺保安署長から、「堺は千利休の出身地で、利休は“わびさび”という茶道の心を世に広めたことで有名だ」「“わびさび”から、わさびを活かした料理を使って利休ランチなんてどうだろう?」と、単なるダジャレとも受け止めかねないアドバイスが。千利休は、堺の商家に生まれており、わび茶の大成者として知られています。生涯の大半を堺で過ごし、かの豊臣秀吉に仕え、世に「天下一の茶の湯者」と称されました。その千利休が大切にした“わびさび”の心から、わさび……それを聞いた時に、一筋の光明を見いだせたのを感じ、即座に利休ランチを思いついたのです。

 そして、今度はその「わさび」を活かした料理をどうしよう?と考えた時、私の得意料理である牛たたき丼におろしわさびの風味と刻みわさびの触感を活かしたわさびソースを使ってみようと思いました。デザートには、千利休といえば抹茶だろうと考え、抹茶を使用したわらびもちを使い、利休ランチが出来上がりました。

ビーフの焼き方に注目!
ビーフの焼き方に注目!(明日への活力、みなぎる元気!!海保の元気飯 youtube動画より)
「利休丼」「抹茶わらび餅」
利休と言えば“わびさび” これをヒントに「利休丼」「抹茶わらび餅」(明日への活力、みなぎる元気!!海保の元気飯 youtube動画より)

 アピールポイントはなんといっても、わさびの食感と風味を利かせたソースと、肉自体についているポン酢の、さっぱりとした酸味と旨みのコラボレーションです。ソースはわさびのツンとした風味を利かせつつ、ほんのり甘めに仕上げていますので、少し酸味の利いた肉の味をより引き立たせます。また、肉は薄めに切ってあります。厚めに切ってしまうと、食べたときに噛む回数が増えて食べにくくなってしまいます。

最前線で活躍する保安官たちをバックアップ 「おいしい」その言葉が聞きたくて
最前線で活躍する保安官たちをバックアップ 「おいしい」その言葉が聞きたくて(明日への活力、みなぎる元気!!海保の元気飯 youtube動画より)

 ステイホームという生活スタイルは、2021年も進むと思います。そこで、料理のレパートリーが底を尽いてきた方々に、毎日の料理で新しいものを覚え、作ることは、なかなかに骨が折れる作業ですよね。でも少し工夫をすれば、今のレパートリーが広がっていきますよ。まず、主軸となる料理を考えます。例えば、カレーを主軸にするとしましょう。カレーは、ポトフにカレールーを足せば、深みがあるカレーになります。そのカレーは、ご飯と混ぜてオーブンで焼けば、カレードリアになりますよね。もう、これだけで3品。

 今回使用した牛たたき肉は、一口大に切ればカレー等煮込み料理に使用できます。大きく切って焼けば、シンプルにステーキにもできます。パン粉をつけて揚げれば、牛カツにもなります。カツはカツでも牛肉なら牛カツ、豚肉なら豚カツ、鶏、ひき肉、魚、野菜と、メインの食材を変えるだけでも、料理の幅は無限大に広がっていきます。

 新しいメニューを考える前に、一度作った料理を、食材の切り方や種類を変え、味を追加し、食材をプラスしてリメイクすれば、あれこれ考える手間が省け、調理工程の短縮、食費の節約などを考えるんです。そうするとレパートリーもいつの間にか増えてきますよ。

・・・・・・・・

第五管区海上保安本部
第五管区海上保安本部では今後も、若手保安官の活躍を存分にアピール

 若き海上保安官たちがステイホームの一助として企画したYouTube動画も、この4作目でいったん終了。第5管区海上保安本部は今後もスペシャル企画として、皆さんに「元気メシ」のとっておきレシピをお伝えするべく、研究を重ねたいとしている。