ヴィッセル神戸は28日、DF西大伍選手が浦和レッズへ完全移籍することが決まったと発表した。

 西選手は北海道札幌市出身の33歳。鹿島アントラーズを経て2019年からヴィッセルに加入すると、卓越したプレーで右サイドの攻撃を司り、ファン・サポーターを魅了。その独特なキャラクターでも愛される存在だった。クリムゾンレッドでは2シーズンでJ1リーグ戦55試合に出場したのをはじめ、主軸のひとりとして活躍し、チームのタイトル獲得(天皇杯、富士ゼロックス・スーパーカップ)やACL(AFCチャンピオンズリーグ)初の4強進出に大きく貢献した。また、2019年には8年ぶりに日本代表戦にも出場した。

 西選手はクラブ広報を通じてコメントを発表。「更なる成長を求めて移籍します。応援してくれた皆さまのおかげで、楽しかったです。好きな街がまた一つ増えました。2年間ありがとうございました」と、西選手らしい言葉で、港町のサポーターに別れを告げた。

西大伍選手(Photo by T.MAEDA)
西大伍選手(Photo by T.MAEDA)

 なお、ヴィッセルは、20日に、DF渡部博文選手(33)とDFダンクレー選手(28)の契約満了を発表している。