商売繁盛の神様で知られる「えべっさん」の総本社・西宮神社のおひざ元に酒蔵を持ち、清酒「白鹿」ブランドを展開する辰馬本家酒造(兵庫県西宮市)は、「十日えびす」が開かれる1月9日(土)〜11日(月・祝)の3日間、無濾過生原酒『白鹿 六光蔵(ろっこうぐら)で一月五日にしぼりました』(300ml瓶/税込1,000円)と、西宮神社に奉納する純米大吟醸酒(300ml瓶)を白鹿オリジナルグッズとセットにした『白鹿 2021えびす市セット』(税込2,500円)を数量限定で販売。

西宮神社へ奉納された『白鹿 2021えびす市セット』〈画像提供・辰馬本家酒造〉
西宮神社へ奉納された『白鹿 2021えびす市セット』〈画像提供・辰馬本家酒造〉

 西宮神社の南側で酒造りをする辰馬本家酒造では、毎年十日えびすの期間のみ、蔵出し新酒を限定発売、常に完売してしまうほどの好評ぶり。こうした中、2021年はコロナ禍での十日えびすとなることから、新型コロナウイルスの収束を祈願し、純米大吟醸酒を西宮神社に奉納、感染対策を十分考慮して特設販売を行う。

新型コロナウイルスの収束、厄除けを祈願し、純米大吟醸酒『西宮神社十日えびす奉納酒』と、白鹿オリジナル一合木枡、ミニトートバッグを西宮神社に奉納〈画像提供・辰馬本家酒造〉
新型コロナウイルスの収束、厄除けを祈願し、純米大吟醸酒『西宮神社十日えびす奉納酒』と、白鹿オリジナル一合木枡、ミニトートバッグを西宮神社に奉納〈画像提供・辰馬本家酒造〉

ーーーーーーーーーーーーー

■『白鹿 六光蔵で一月五日にしぼりました 300ml瓶詰』税込1,000円<合計600本限定>

『白鹿 六光蔵で一月五日にしぼりました』〈画像提供・辰馬本家酒造〉
『白鹿 六光蔵で一月五日にしぼりました』〈画像提供・辰馬本家酒造〉

新年1月5日にしぼってすぐに瓶詰めする、生まれたままの蔵出し無濾過生原酒。品質管理の繊細さゆえに蔵元での直売に限り、1年に1度だけ巡り合える、蔵の中でしか飲めなかった特別なお酒。原酒ながら飲み慣れない方にもおすすめ、生まれたばかりの日本酒のおいしさが堪能できる。

販売期間:2021年1月9日(土)〜11日(月・祝)
販売場所:白鹿本社東門側・特設会場(兵庫県西宮市建石町2-10)、白鹿クラシックスショップ(兵庫県西宮市鞍掛町7-7)

ーーーーーーーーーーーーー

■『白鹿 2021えびす市セット』税込2,500円<合計250セット限定>

『白鹿 2021えびす市セット』〈画像提供・辰馬本家酒造〉
『白鹿 2021えびす市セット』〈画像提供・辰馬本家酒造〉

 七つの色にキラキラと輝くホログラム箔を施したラベルの『西宮神社 十日えびす奉納酒 黒松白鹿 純米大吟醸 300ml瓶詰』1本と、えべっさんと鯛の焼印を押しためでたいオリジナル一合木枡1個、宝尽くしに松竹梅や重ね盃、白い鹿をあしらった縁起のよいオリジナルミニトートバッグ1個をセットにした。

 奉納酒は、天与の霊水と称される名水「宮水」を仕込水に、契約農家「白鹿会」の中でも特A地区の栽培田で収穫された山田錦のみを使用。六光蔵の蔵人が丹精を込めて醸した、若々しいメロンを思わせる香りと味わいが特徴の純米大吟醸酒に仕上がった。

販売期間:2021年1月9日(土)〜11日(月・祝)
販売場所:白鹿本社東門側・特設会場(兵庫県西宮市建石町2-10)
※『白鹿 2021えびす市セット』は上記特設会場のみ。白鹿クラシックスショップでは販売しない。

1993年完成の白鹿「六光蔵(ろっこうぐら)」長きにわたり積み重ねてきた酒造りのノウハウを今に〈画像提供・辰馬本家酒造〉
1993年完成の白鹿「六光蔵(ろっこうぐら)」エントランス 長きにわたり積み重ねてきた酒造りのノウハウを今に〈画像提供・辰馬本家酒造〉

《『白鹿えびす市』実施概要》

◆開催日
2021年1月9日(土)・10日(日)・11日(月・祝)の3日間限定
◆開催場所
白鹿本社東門側 特設会場(兵庫県西宮市建石町2-10)※今回は場所を変更
◆営業時間
10:00〜20:00(※11日は19:00まで)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、日本酒、酒粕など持ち帰り品の販売のみを行い、飲食物の販売、試飲・試食はしない。コロナ感染の拡大、荒天の場合(強風・大雪など)は主催者の判断のもと中止となる場合もある。その際は白鹿ホームページなどで告知。

今年は特設会場の開催場所が変更されている〈画像提供・辰馬本家酒造〉
今年は特設会場の開催場所が変更されている〈画像提供・辰馬本家酒造〉